2019年07月02日

Vol.2416「やり切った経験”だけが次につながる」


ご承知の通り、

陸上のトラック競技は、

0.01秒を競い合う世界です。



選手たちは

0.01秒でもタイムを伸ばすために、

集中力を極限に高め、

ゴールラインまで全力で駆け抜けます。



試合後、ぐったりしてその場に倒れ込んでいる光景を

テレビ等で見かけますが、それだけ、

真剣勝負が繰り広げられている

のでしょう。




少し話は変わりますが、

私(安野)は、同じく

真剣勝負でなければならない仕事においても、


「ゴールラインを駆け抜ける」


といった感覚は大切にすべき

だと考えています。



ここでいうゴールとは、

自分がやると決めたタスク、

約束した期日、数値目標など。



ゴールを達成するまで集中して全力を出し切るのか、

ゴールの手前で、

「このくらいでまあいいや」

と諦めて、力を抜いてしまうのか。



どちらの人がタイムを伸ばせる(=実力が身に付く)かは、

一目瞭然でしょう。



しかも、1度だけならまだしも、

毎回、そのようなスタンスだとすれば、

両者の差は、歴然としたものになるはずです。




過去にも似たエントリ(*)を書かせていただきましたが、

やはり、


「(最後まで全力で)やり切った経験」だけが糧となり、次につながる


とつくづく感じる、今日この頃。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2153「くすぶる人生か?やり切る人生か?」
http://bplan.seesaa.net/article/462140803.html

Vol.1046「子供から教わった、全力でぶつかることの大切さ」
http://bplan.seesaa.net/article/427067298.html

Vol.733「“今日=一生”と考えると、人生観が大きく変わる」
http://bplan.seesaa.net/article/409350932.html



逆に言えば、

中途半端では何も残らない

ということですね。




・・サニブラウン選手が大会を賑わせた「日本陸上」

のニュースに触れ、

そんなことを考えました。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 仕事において、

  「ゴールラインを駆け抜ける」

  といった感覚は大切にすべき。

■ 「やり切った経験」だけが糧となり、次につながる。

posted by 安野 広明 at 22:53| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする