2019年07月25日

Vol.2439「仕事を通じて文化を醸成する」


会社にとっての究極の目的は、

「関わる人を幸せにすること」

ですが、

それと同時に、社会に対して、

(仕事を通じて)何かしらの文化を醸成する

ことができれば、

理想的だと考えています。



例えば、以前、

NHKのプロフェッショナルという番組で視た、

日本を代表するメイドのhitomiさん。



秋葉原の老舗メイドカフェで

14年にわたりメイドを続け、

「萌え」などの流行語も生み出したレジェンド

だそうです。



彼女は現在、

店に所属する約300人のメイドの指導育成にも力を入れ、


「メイドカフェをこの国の文化にしたい」


とおっしゃっていました。



業種は異なれど、

単なる仕事ではなく、仕事を通して文化を醸成させよう

というその活動や情熱には、

心震えるものがあります。




これを弊社に置き換えるなら、それは、

中小企業に「経営計画書」(*1)を文化として広めること

かもしれませんし、


「会計を経営に生かす」(*2)文化

かもしれません。


*1 http://annokaikei.com/plan

*2 http://annokaikei.com/future



まだまだできてませんが・・。



あと、できることなら、


「学び」の文化を広めたい


と思っています。



なぜなら、弊社のミッションには、


「お客様の成幸をサポートする + 地域貢献」


と掲げており、

「成幸」のためには、「学び続けること」が不可欠

だと信じているからです。



ちなみに、

そのための取組みとして、

ビジネスプラン特別講演会(*)を開催しています。


http://annokaikei.com/lecture



私(安野)が弊社代表に就任して7回、

前社長時代からカウントすると28回

開催している当講演会には、

お陰様で、毎回300〜400名の方がご参加下さり、

中には、

毎年楽しみにされている方も。



学びの場が圧倒的に少ない地方において、

多少なりとも

学びの文化の醸成に貢献できている

とすれば、

嬉しい限りです。




・・そんな特別講演会を、今年も9月に開催しますので、

ぜひ、ご参加下さいませ!



詳しくは、

こちらをどうぞ。


http://annokaikei.com/news/1922


**********************************


【本日のまとめ】

■ 仕事を通じて何かしらの文化を醸成する

  ことができれば、理想的ではないだろうか。

■ ビジネスプラン特別講演会を継続開催することで、

  学びの文化に貢献できるよう、頑張ります!

posted by 安野 広明 at 17:21| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

Vol.2438「"人づくり”は、れっきとした戦略です」


「戦略」というと、

長期的な時代の流れを見据えた、事業の柱をつくる

というイメージがあると思います。



これに対して、

「人づくり」というと、

どちらかといえば、

単なる理想論やきれいごとに聞こえる

かもしれません。



しかし、私(安野)は、

これからの人手不足のご時世、


「人づくり」はれっきとした「戦略」


であり、

全社を挙げて、長期的に根気強く取組んでいくこと

だと考えています。



現に、都会では、

需要があるのに、

人手不足ゆえ閉店に追い込まれるお店

が出てきている時代です。



「人さえいれば・・」という場面は、

今後ますます増えていくでしょう。



そんな中、

やらされではなく、主体性のある人財が揃っている

というだけで差別化できるのは、

間違いありません。



だからこそ、

弊社の経営計画書には、

「戦略の3本柱」の1つとして、

「社員力」を掲げています。




また、


「売上1年、利益3年、人10年」


というように、

「人づくり」には時間がかかるもの。



したがって、

社員力で差別化ができれば、それは、

同業が5〜10年は追いつけないほどの

圧倒的な差を生み出すはずです。




「人づくり」を、

「その場しのぎ」や「短期的」に捉えるのではなく、

長期的戦略と位置付けてみては

いかがでしょうか。



何かのご参考までに。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「人づくり」はれっきとした「戦略」であり、

  全社を挙げて、長期的に根気強く取組んでいくこと。

■ 「人づくり」を、「その場しのぎ」や「短期的」に捉えるのではなく、

  長期的戦略と位置付けてみてはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 21:55| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

Vol.2437「ネガティブな出来事にどう向き合うか?」


昨日は、

次世代リーダーの会(*)を開催。


http://annokaikei.com/leader



話しの途中で、


「仕事上のネガティブな出来事にどう向き合うか?」


というテーマになりました。



人ぞれぞれに対処の仕方が異なり、

とても興味深かったです。



私(安野)なりの向き合い方をまとめると、

以下の通り。



1.相手側の気持ちを想像すること


 例えば、クレームであれば、

 クレームを言われる側よりも

 クレームを言う側の方が、辛い想いをしているはず。


 相手には相手なりの真実があることを忘れない。



2.失敗の解釈を変えること


 失敗は経験であり、

 失敗はネタであり、

 失敗によって打たれ強くなる。


 全日本大失敗選手権大会(*)の失敗さん達に学びましょう(笑)


 *Vol.2414「いつかは応募してみたい!?全日本大失敗選手権大会」
  http://bplan.seesaa.net/article/467584171.html



3.長い時間軸で捉えること


 新月が満月になるように、

 春夏秋冬が必ず巡るように、

 ネガティブな出来事が永遠に続くことはあり得ないので、

 未来に目を向けて、

 いまできることに集中する。  



・・と、こんな感じでしょうか。



まあ、最終的には、


「確かに色々と辛いこともあるけど、

 なんだかんだ言って、

 自分たちは周りの人に支えられてるし、

 こうして普通に生活や仕事ができるだけでも、ありがたいよね」


という、精神論的なところで

話しがまとまりました(笑)。



メンバーの皆さん、お互いに頑張りましょう!




まあ、上記のテーマはごくごく一部ですが、

毎回、様々なテーマを、

参加者の状況やその場のノリで(!?)取り上げて話し合うのが、

次世代リーダーの会(*)です。


http://annokaikei.com/leader



よろしければ、ぜひ一度、

見学にお越し下さいませ!



本日は、備忘録ということで。


posted by 安野 広明 at 23:11| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする