2019年07月31日

Vol.2445「経営計画書でビジョンとお金”の両立を目指す」


「新1万円札の顔」

としても有名になった、

日本実業界の父、渋沢栄一氏が、

「論語と算盤(そろばん)」(*)

と説かれたように、


商売をする上で、「ビジョンとお金」は

両立させる必要があります。


* 論語つまり「倫理」と、算盤つまり「利益」を、

 両立させて経済を発展させるという考え方(インターネットより抜粋)



これを言い換えるなら、


「理念と戦略・戦術」


「あり方とやり方」


といったところでしょうか。



もちろん、優先順位が高いのは、

「ビジョン」や「理念」や「あり方」

ですが、

大切なのは、しっかりと

「お金」や「戦略・戦術」や「やり方」も

両立させることだと思います。




例えば、

自己啓発系、つまり、「あり方」系のセミナーや講演会は、

元気が出るし、学びや気付きがあるし、

感動するし、勇気をもらえるし、

自分や自社を見つめ直す上でも、

非常に価値は高いです。



私(安野)自身、一時期、

さんざんセミナーに参加しましたし、

いまでもたまに足を運びますので、

よく分かります。



ただ、そういった、

抽象度高めの勉強だけで

商売において結果を出せるかといえば、

それはまた別の話。



したがって、

「あり方」系のセミナーや講演会にどっぷりとはまり、

それだけで商売を分かった気になるのも、

少し違うのかなと・・。




やはり、両立させるには、

戦略や戦術の勉強が不可欠です。



そしてそのためにも、

自社の「経営計画書」(*)と真剣に向き合うことが、

最も効果的ではないかと考えています。


http://annokaikei.com/plan


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「ビジョンとお金」を両立させるには、

  戦略や戦術の勉強が不可欠であり、そのためにも、

  自社の「経営計画書」と真剣に向き合うことが、

  最も効果的ではないだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:14| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

Vol.2444「記録することで、感情を冷凍保存できる!?」


愛読している月刊致知8月号に、


「知覧からのメッセージ 特攻隊の若者たちが遺したもの」


というテーマで、

知覧特攻平和会館の語り部である川床剛士(かわとこたけし)氏

の記事が掲載されていました。



実は私(安野)は、過去に3回、

川床氏のご講話を現地で拝聴したことがあります。



1回目は1人で、

2回目は社員研修旅行で、

3回目は次世代リーダーの会のメンバーと、

知覧へ訪れたのです。



川床氏の記事を読みながら、

懐かしく思い、当ブログ内で

「知覧」をキーワードに検索をかけてみたところ、

ヒットしたのが以下の通り。



Vol.479「“行動のタイミング”を逃さない」
http://bplan.seesaa.net/article/391361142.html


Vol.565「“余韻に浸る時間”をつくり出す」
http://bplan.seesaa.net/article/398966290.html


Vol.566「“精一杯”のレベルを上げる」
http://bplan.seesaa.net/article/398994950.html


Vol.1476「“知覧ツアー”を決行しました」
http://bplan.seesaa.net/article/444599590.html


Vol.1477「問われることで思考が深まる」
http://bplan.seesaa.net/article/444633149.html



ザッと読み返すだけでも、

訪問した当時の出来事や感情が、

鮮明に蘇ってきました。



おそらく、記録していなければ、


「そういえばこの人(川床氏)の話、聴いたことあるな〜」


程度で終わっていたかもしれません(汗)。




・・ここで大事だと思うのは、


「どこどこで なになにをした」


といった単なる事実ではなく、


「その時に、何を考え、どう感じたか?」


まで記録しておくということ。



あたかも、料理や食材を冷凍保存するかのごとく、

鮮度を保ったまま、

感情を冷凍記録(!?)するのです。



そして、いったん記録さえしてしまえば、

その内容を忘れたとしても、

必要な時に解凍する(=記録を見直す)だけで、

当時の感情が思い起こされます。



その上、食材とは異なり、

何度でもそれを味わうことができますので、

これをやらない手は無いのかなと。



私であれば、当ブログの中に、

過去6年分の日々の出来事が、

感情と紐付いた形で冷凍保存されているようなもの。



いつでも過去の感情にアクセスし、

鮮明に蘇らせ、

心で味わうことができるのだから、

それだけでQOL(=人生や生活の質)は高まりますし、


少しずつ(記録が)積み上がることで、

自己成長の実感にもつながっています。




・・ということで、


起こった出来事に感情を付け加えて記録する


を、習慣にしてみてはいかがでしょうか。



知覧の記事を読みながら、

そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ いったん記録さえしてしまえば、

  その内容を忘れたとしても、

  必要な時に解凍する(=記録を見直す)だけで、

  当時の感情を思い起こすことができる。

■ 起こった出来事に感情を付け加えて記録する

  を、習慣にしてみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:42| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

Vol.2443「自動車も経営者も、無免許運転のままでは危険です」


自動車の運転免許を取得した人であれば、誰しも、

学科と技能を合わせて60時間以上は

教習に費やしたはずです。



私(安野)の場合、

東京の品川区にある国際自動車教習所(←既に閉校)

で教習を受けたのですが、

技能試験では、品川駅前を通らなければならず、

片側4車線、かつ、強引に割り込んでくるタクシー

に戦々恐々としながら、

ハンドルを握った記憶があります・・。



しかし、そういった経験をしたお陰で、

自動車の運転に関する

一定水準以上の知識と技術が身に付きました。




少し話は変わりますが、

会社経営をするのに、

免許はいりません。



自動車のような(経営の)学科や技能の試験はなく、

誰でも今日から経営者になれます。


(正式には、代表取締役としての登記が完了してからですが)



かくいう私自身、

約9年前、やむを得ない事情により、

サラリーマンから経営者になりました。



準備期間は、・・ゼロです(笑)。



おそらく世の中には、私のように、

経営者としての知識もスキルも持たず、

事業を承継し、もしくは起業し、

ど素人のまま経営者になった人が、

少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。



自動車で例えるなら、

無免許のまま公道を走るようなものですので、

危なっかしいったらありゃしません。



先代が、会長職か何かの形で助手席に座り、

要所要所でアドバイスしてくれる訳でも無い中、

私がここまで大きな事故なく経営して来れたのは、

単に運が良かっただけだと思います。


(まあ、自分の未熟さ故に起きた

 小さな事故はたくさんありますけど・・汗)




とはいえ、これまでの

経営者としての経験を振り返って強く感じるのは、やはり、


経営の原理原則を学び、実践に生かすためのルールブック(=教習本)は不可欠である


ということ。



経営の勉強なしに、

自分の運や勘だけを頼りに舵を切るのは、

特にこれからの激動期において、非常に危険です。



あたかもそれは、

無免許のまま首都高を走るようなもの

でしょう。



そこで必要となってくるのが、

経営の原理原則を学び、かつ、自社の方向性を定めるための、

「経営計画書」(*)。


http://annokaikei.com/plan



ちなみに、私が作り始めたのは3年前ですが、

もっと前から「経営計画書」を作成しておけばよかった・・

と痛感しています。




ということで、

まだ「経営計画書」を作成されていない方は、

ハンドリングが困難な時代に大事故を起こさぬよう、

早めに着手されてみてはいかがでしょうか?



もしも、

「短時間で一気に形をつくりたい」

のであれば、

こちらをご活用いただくこともできます。


「経営計画作成集中講座」
http://annokaikei.com/plan/lectures


*************************************


【本日のまとめ】

■ 経営者になるのに免許はいらないが、

  経営の原理原則を学び、実践に生かすためのルールブック(=教習本)

  は不可欠である。

■ ハンドリングが困難な時代に大事故を起こさぬよう、

  「経営計画書」の作成に着手してみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:27| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする