2019年06月30日

Vol.2414「いつかは応募してみたい!?全日本大失敗選手権大会」


昨日、たまたまテレビをつけたら、

面白い番組をやっていました。



その名も、

『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会』(*)


https://www4.nhk.or.jp/daishippai-tv/



老若男女、誰もが出場できる視聴者参加型の番組で、

みんなに笑って欲しい、失敗エピソードを披露し、

失敗さんの中の失敗さんである「大失敗さん」に選ばれると、

NHK杯が手に入るそうです。



少ししか視てませんが、

「失敗を競い合う」という逆転の発想が斬新

だと感じましたし、

出場している失敗さんのエピソードも、

それぞれにユニークでした。




・・誰しも、

自分の失敗は隠したいものです。



私(安野)自身、できれば抹消したい失敗は

山ほどあります(汗)。



でも、過去に遡ってやり直すことはできませんし、

事実は消えません。



あとは、


その失敗をどう解釈し、未来につなげていくか、


ただそれだけです。



おそらく先の番組に出演された失敗さんたちも、

失敗してすぐ笑い話にできた訳ではない

と思いますし、

それが大きな失敗であるほど、

気持ちを整理するまでに数日、数か月、場合によっては数年という

時間を要したでしょう。



そういう意味では、おそらく、

出演するのは勇気のいること

だと思います。


(私なんて、10年以上経ってもいまだに、思い出す度、

 ネガティブな感情がむくりと湧き上がる失敗もありますので・・)



まあ、どこまでオープンにするのかはさておき、

失敗をネタに、笑い話ができたり、

「あの失敗があったからこそ」

と自分の中でプラスに解釈できれば、

人生はより楽しく、明るいものになるのではないでしょうか。



そのためにも、

失敗から目をそらさず、

他責ではない自責のスタンスで、

同じ失敗を繰り返さないための努力をして、

自分自身を成長させることが

なにより重要だと考えています。




ちなみに、

誰にでも番組出演するチャンスがあるようですので、

応募してみても面白いかもしれません(笑)。



お互い、失敗を未来に生かしましょう!


***********************************

【本日のまとめ】

■ 失敗をネタに、笑い話ができたり、

  「あの失敗があったからこそ」と自分の中でプラスに解釈できれば、

  人生はより楽しく、明るいものになるはず。

■ そのためにも、失敗から目をそらさず、

  他責ではない自責のスタンスで、

  同じ失敗を繰り返さないための努力をすることが重要

  ではないだろうか。

posted by 安野 広明 at 21:53| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする