2019年06月27日

Vol.2411「選択肢の多い時代だからこそ、自分の軸を持つ」


昨日の夜は、

「次世代リーダーの会」(*)を、参加者7名で開催。


http://annokaikei.com/leader



他のメンバーに意見を求める方がいたり、

実践報告をする方がいたり、

本の紹介をされる方がいたり、

将来の展望を語る方がいたり、

最近の学びや気付きを発表する方がいたりと、

お互いに刺激し合える時間でした。



ご参加下さった皆さん、ありがとうございます!


***********************************


いまのご時世、

「職業」にしても「働き方」にしても、

「時間の使い方」にしても「商品やサービス」にしても、

選択肢(=オプション)は膨大に増えています。



われわれは、それだけ、

恵まれた時代に生きている

ということでしょう。



ただ、ある調査によると、

オプションが多過ぎるのは、

脳の構造上、判断に負荷が増し、

悩みによるストレスが生じやすい

のだそうです。



なんだか、

いいような悪いような・・。



そんなストレス社会を生きる現代人にとって大切なのは、

「どんなオプションがあるか?」

を知る以上に、

「自分が何をしたいのか?」

を理解すること、つまり、


「自分の中に軸を持つこと」


だと考えています。



基準となる軸が無ければ、

いくら選択肢が多くても、

自分の意思で選ぶことはできないでしょうし、

「自分が本当にやりたいこと」

は見えて来ません。



さらに言うと、

昨日のエントリ(*)で書かせていただいたような、

「なにくそ魂」なんて、

生まれるはずもない。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2410「伝承すべき昭和の精神とは?」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190626-1.html



「こだわり」も「やりたいこと」も無いのだから、

当然だと思います。



結果として、

大海を漂うクラゲ、根の無い浮き草

のような状態となり、

いつまで経っても周りの人に翻弄される人生

を過ごす・・なんてことも(汗)。



自分の軸が無いというのは、それ自体が、

大きな苦しみの原因なのです。




だからこそ、必要なのは、

内なる自分と向き合う時間。



私(安野)がこうしてブログを書いたり、

日記を書いたりしているのも、

そのためだったりします。



そして、もしも、


「忙しくて日記とか書いてる暇が無い!」


という方は、

せめて月に1回、仕事帰りに、

「次世代リーダーの会」(*)に足をお運びいただければと(笑)。


http://annokaikei.com/leader



きっと、非日常の場で、


冷静に自分自身を振り返る時間


となるはずです。


***************************************


【本日のまとめ】

■ オプションが多過ぎるのは、

  脳の構造上、判断に負荷が増し、

  悩みによるストレスが生じやすい。

■ 自分の軸が無いというのは、それ自体が、

  大きな苦しみの原因となる。

■ 現代人には、冷静に自分自身を振り返る時間

  が必要である。

posted by 安野 広明 at 23:20| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする