2019年06月16日

Vol.2400「鍾乳洞の如く、1滴1滴の積み重ねによって成長していく」


秋芳洞(あきよしどう)といえば、

山口県美祢市にある日本最大規模の鍾乳洞

として有名です。


https://karusuto.com/spot/akiyoshido/



洞内には、

つららのような鍾乳石や、タケノコのような石筍(せきじゅん)をはじめ、

百枚皿、黄金柱、洞内富士など、

見どころがたくさん。



しかも、それらはすべて、

秋吉台から流れ込んだ雨水による浸食と、

石灰の混じった水滴により、

数十万年という悠久の時を経て形成された

ものばかりですので、

見た人が感動しないはずありません。



私(安野)自身、

「長い年月をかけて形づくられた」

という魅力に引き寄せられ、

過去に何度か訪れました。



その都度、時が止まったような、

不思議な感覚を覚え、嘆息したものです・・。




話は大きく変わりますが、

本日で当ブログも、2400日目となりました。



ちなみに私のブログは、決して、

偉そうに教訓じみたことを書いている訳ではなく、

また、

書いてあることを全て実践できている訳でもなく(汗)、

未熟な人間(=安野)の「思考プロセス」や「成長物語り」を、

書き記しているつもりです。


(もちろん、多少なりとも、

 読まれた方のお役に立てれば・・

 という思いは常に持っていますが)



まあ、文章が稚拙なのは変わりませんし、

いつも似たような内容ばかり書いてますけど、

それでも、書き始めた当初に比べると、

(表面的には分かりにくい、)思考の中身は、

かなりつくり替わった気がしています。



おそらく、

経営者という逃げられない立場で、

小さなトラブルから大きなトラブルまで向き合い続け、

なおかつ、ブログを通じて

日々の気付きを言語化してきた成果でしょう。



先の秋芳洞に例えると、あたかも、

1滴1滴、長い年月をかけて形成された石筍の如く、

日々の小さな積み重ねによって、確実に、

自分なりの経営者としての姿が形づくられている

といった感じです。



とはいえ、たかだか、

経営者になって8年半、

ブログを始めて6年半(=2400日)なので、

数十万年という秋芳洞ほどのインパクトは全くありませんし、

まだまだ未熟なのですが・・(汗)。




「本気」とは、「続ける」こと

だと思います。



まずは10年(=3650日)の積み重ねを目指し、

そのプロセスも楽しみながら、

経営者として独自のスタイル(=成長した姿)を

形成していきたいもの。



2400日の区切りに、

ふと秋芳洞の光景が脳裏に蘇り、

そんなことを考えました。


**********************************


【本日のまとめ】

■ 1滴1滴、長い年月をかけて形成された鍾乳洞の石筍の如く、

  日々の小さな積み重ねによって、確実に、

  自分なりの成長が形づくられていく。

■ 「本気」とは、「続ける」ことである。

posted by 安野 広明 at 20:05| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする