2019年06月04日

Vol.2388「“目的”が、人生に充実感をもたらす」


子供に対して、

「将来、どんなことをしたいの?」

と聞けば、ほとんどの子は、

憧れの職業や夢を答えてくれます。



一方、大人に対して、

「これから先、どんなことをしたいんですか?」

と聞いても、

「いや〜、別に・・」

と、言葉を濁す人が大多数です。



おそらく、この差は、

社会の厳しい現実を目の当たりにして、

子供の頃のようにワクワクする未来を描けなくなった

ことによるものでしょう。



ただ、人生100年時代と言われる中、

まだまだ先の長い社会人が、

自らの人生に目的も志も持たず、

あたかも大海を漂うクラゲのような状態

だとすれば、

それはとても残念なこと。



仮に、本人はそれでよくても、

そんな大人の姿を見た子供たちは、

社会人になることに夢や希望を持てるでしょうか?



共に働く職場の仲間やお客様に、

よい影響を与えられるでしょうか?



会社において代替不可能な

人財になれるでしょうか?



私(安野)は、いずれも

難しいと考えています。




とはいえ、別に、

立派な目的や志を掲げる必要はありません。



まずは、


「目の前のお客様を笑顔にする」


みたいな、

シンプルな目的でもよいと思います。



一番よろしくないのは、

仕事に身が入らない、

本を読んでも頭に残らない、

人の話を聞く気がしない、ひいては、

人生に充実感が持てない・・

といった、中途半端なフワフワした状態が続くこと。



これは一重に、

「何のために」という目的が明確になっていない、

肚に落ちていないことが原因

と言えましょう。



目的さえあれば、

どんな日常の些細な出来事からでも、

学びが得られるはずですので。




したがって、もしも、

「最近、なんだか充実感が得られないな〜・・」

と感じる方は、

いま一度、自らの人生の目的について

思考を巡らせてみてもよいかもしれません。



そして、その際、

個人の目的と会社の目的(=理念、ビジョン)とが、

多少なりとも重なり合うなら、

理想的だと考えています。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 世の中には、目的や志がなく、

  大海を漂うクラゲ状態の社会人が多い。

■ 目的さえあれば、どんな日常の些細な出来事からでも、

  学びが得られるはず。

■ いま一度、自らの人生の目的に思考を巡らせてみては

  どうだろうか。


posted by 安野 広明 at 22:17| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする