2019年05月02日

Vol.2355「名経営者によって実証済み!経営計画書の絶大な効果」


先日、

(株)ハイデイ日高の代表取締役会長、神田正(かんだただし)氏

の講演CDを聴きました。



ハイデイ日高といえば、

ラーメン・中華料理チェーン「日高屋」を、

首都圏で400店以上展開しています。



私(安野)も、

東京での学生〜サラリーマン時代に

何度かお世話になりました(笑)。



神田氏によると、

もともと日高屋は、

減り続ける駅前の屋台の代わりを目指そう

というコンセプトで、

多店舗化したのだとか。



確かに、いずれの店舗も、

駅近で、低価格で、気軽に入れる雰囲気だった

と記憶しています。




それはさておき、

昭和58年に創業され、一代で、

売上高300億円超、社員数7000名超(パート含む)、

東証一部上場という組織

を築き上げた神田氏のお話の中で、

最も印象に残ったのは、


これまでの経営を振り返り、

やってよかったことの代表に、

(まだ規模の小さい頃から、)


「経営計画発表会をしてきたのが良かった」


とおっしゃった点です。



もう少し具体的には、


「経営者が社員に夢を語るのは、発表会しかない」


「ラーメン屋で日本初の週休2日制を導入するなど、

 発表したことは、その通りになっている」


「皆の前で喋ると、

 アクションを起こさなければただのほら吹きになるため、

 プレッシャーがかかり、行動につながる」


「タイミングはズレるかもしれないが、

 経営計画書に書いたことで、実行できないことはなかった」


「働く側としても、この会社が将来どうなっていくのか

 というものがないと不安」


などなど、

まさに私が中小企業にお伝えしたいことを、

実体験としてお話し下さってました。



無名な私と違い、

神田氏がおっしゃると、

かなり説得力があります!




ということで、

神田氏の言葉を励みに、

今後はますます、

経営計画書の作成、そして経営計画発表会を、

お客様や中小企業にすすめて参りたい

と思った次第。



* 経営計画書にご興味のある方は、

 こちらからどうぞ → http://annokaikei.com/plan



本日は、備忘録ということで。




posted by 安野 広明 at 22:55| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする