2019年04月14日

Vol.2337「その仕事、‶循環”していますか?」


循環型社会の重要性が叫ばれて久しいですが、

個人的には、この「循環」というキーワードは、

リサイクルの世界のみならず、

あらゆる企業において目指すべき

「理想の姿」ではないかと考えています。



例えば、弊社であれば、

まずは経営者である私(安野)が、

社員さんがやりがいや働きがいを感じられるような

職場環境をつくり、社員満足を高める。



そして、その社員さんが、

中小企業のお客様に対して

充分な価値提供をする。



そうすることで、

お客様が元気になれば、

経済的な対価と共に、

「ありがとう」という精神的な対価

をいただくことができる。



それによって、

自社の職場環境や社員満足をよりよいものにでき、

お客様に提供する付加価値も

いままで以上に高められる


・・といった感じ。




このように、どんな会社にも、

その会社なりの仕事の「循環」というものが

あるはずです。



「循環」している状態こそが、

自然な形と言えましょう。



したがって、大事なのは、

その「循環」を滞らせないこと。



少なくとも、自ら、

途切れさせるようなことがあってはいけません。



この点、もしも、

お客様に対して手を抜き、

充分な価値提供を怠ったとすれば、

どうなるでしょうか。



仮に、一時的に

自分たちだけが楽して儲かるようなことがあった

としても、

それはどう考えても不自然な状態であり、

長くは続かないはずです。



最近で言えば、

レオパレス21などは、

まさに「循環」が滞ったパターン

だと思います。



自分たちの利益ばかりを考え、

お客様への充分な価値提供、すなわち、

きちんと「循環」させる努力を怠れば、

やがて歪が生じ、必ずしっぺ返しを食らうのです。




まずは、

自社なりの「循環」が

自然と流れるように努力すること。



そんな発想で仕事を捉えてみては

いかがでしょうか?



「循環型社会」ならぬ、「循環型会社」

を目指したいものです。



自戒を込めて・・


***********************************


【本日のまとめ】

■ どんな会社にも、

  その会社なりの仕事の「循環」というものがあり、

  その流れを滞らせない努力が必要ではないだろうか。

■ 「循環型社会」ならぬ、「循環型会社」

  を目指したいもの。



posted by 安野 広明 at 21:09| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする