2019年04月30日

Vol.2353「最近の若者は大変だな〜と思った話」


あくまで持論ですが、

人がその才能を開花させたり、実力を身に付ける上で、

いくら効果的な教育を受けたり、

効率的に仕事を進めたとしても、

結局のところ、物理的に

一定量を超える時間を実務(や勉強)に費やさない限り、

難しいのではないでしょうか。



このことは、

私(安野)自身の体験からしても、

そう思います。



公認会計士試験を受験した時には、

朝8時から夜の10時まで

ひたすら勉強しましたし、


社会人になり、監査法人や税理士法人に勤めた時にも、

朝早く出社したり、残業したりして、

かなり実務に時間を費やしました(終電帰りなんて、しょっしゅう)。



確かに、中には、

要領よく、公認会計士試験に一発で合格したり、

持って生まれた才能によって、

仕事でメキメキと成果を上げる人もいます。



でも、それらの人はあくまで少数派であって、

大多数の人は、私と同じ凡人のはず。



とりわけ、私の場合には、

昔から要領が悪いし、

記憶力や思考の瞬発力や能力も人並み以下なので(汗)、

何をするにも人より時間がかかります。



だからこそ、

時間だけはかけてきました

(というかそれ以外にできないんですけど)。



そのお陰もあって、

苦労の末、公認会計士試験に合格でき、


現在、仕事が何とかなっているのも、

監査法人時代や税理士法人時代に

時間をかけて蓄積してきた経験が、

「昔取った杵柄(きねづか)」として活かされている

側面が大きいのです。




ただし、ご承知の通り、

現在は、「働き方改革」に伴い、

働く時間自体が制約されています。



残業させることが悪

みたいになってますので、

「できるだけ若いうちに実務経験を積みたい(=残業してでも働きたい)」

という人がいても、

なかなかその通りにはできません。



この場合、私のような、

何をするにも人より時間がかかる人間にとっては、

本当に大変だと思います。



実務に時間をかけれないのだから、

才能を開花させたり、実力を身に付けるための、

(その人にとっての)一定量になかなか達することができず、


人生の中で最も

知識を吸収でき、仕事人としての知恵をつかめるであろう、

20代〜30代という時期を、

中途半端なまま過ごすことになりかねない

からです。



プライベートの時間を使って知識を習得するにしても、

やはり実務経験にはかなわないでしょう。



そういう意味において、

限られた時間の中で実力を身に付けなければならない

いまの若者は、きっと、

彼ら・彼女らなりに

葛藤や苦労があるのだと思います。




・・令和時代のマネジメントでは、

そんな若者の感情にも寄り添う必要がある

のかもしれませんね。



平成の最後に、

ふと、そんなことを考えました。


************************************


【本日のまとめ】

■ 人がその才能を開花させたり、実力を身に付けるためには、

  一定量を超える時間を実務に費やさない限り、難しい。

■ 残業時間が制限され、

  限られた時間の中で実力を身に付けなければならない

  いまの若者には、彼ら・彼女らなりの葛藤や苦労があるはず。


posted by 安野 広明 at 20:54| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

Vol.2352「世の中に取り込まれつつも、自分を見失わないために」


昨日は、

ある出来事をきっかけに、

Youtubeにアップされている「尾崎豊」の映像を

視聴しまくってました。



尾崎豊といえば、

27年前に26歳の若さでこの世を去った、

天才シンガーソングライター。



私(安野)は高校時代にかなりはまっていたので、

懐かしさと興味が相まって、

次から次へと映像をクリック。



やはり尾崎豊の魅力は、

時が経っても全く色褪せませんね。



気が付いたら1時間以上経過しており、

「やっちまった〜」

と、反省(汗)。



まあ、感性が刺激されましたし、

たまにはいいのでしょうけど、

こんな感じで大型連休を終わらせてはマズい・・。



この連休中に「やることリスト」を作って、

目に見えるよう持ち歩き、

連休明けが「やっちまった〜」という

後悔の念に駆られたスタートとならぬよう、

心掛けたいと思います!


***********************************


昨日の、(尾崎豊の)Youtube映像に対する

視聴者のコメントの中で、


「多分、彼は今まで反抗し批判してきた世の中と戦っていたというよりも、

 その世の中に取り込まれそうになる自分と戦っていたのではないかと思う。」


という言葉が、

妙に心に残りました。



もちろん、

真実は本人のみぞ知るで、

そのコメントが正しいかどうか分かりません。



ただ、

「世の中に取り込まれる」とか「常識に染まる」

みたいなことへの葛藤(=自分との戦い!?)は、

少なからず、誰もが経験してきたのではないか

と思います。



例えば、

学生から社会人になった時。



社会人としてのマナーやその会社独自のルール

などを教わる過程で、

自分が形成してきた価値観や常識

とのギャップに戸惑うことは多いはずです。



例えば、

一般社員から管理職になった時。



部下の育成や組織の運営など、

一般社員の時には考えたことも無かったことが、

管理職の役割(常識)として加わり、

自分の中で様々な葛藤が生じるでしょう。



例えば、

転職した時。



これまでの会社と転職先とで

ルールが異なれば、

新しい常識に合わせなければなりません。



また、もしも勤務地が変わる場合には、

ご近所付き合いを含め、

その土地にはその土地の常識・文化・風習

というものがありますので、

そこにも戸惑いを感じるでしょう。




そして、多くの人は、

そういった葛藤に悩まされつつも、

どこかで自分に折り合いを付けたり、妥協しながら、

その役割を全うしているのだと思います。



もちろん、

私自身もその1人です。



とはいえ、

世の中の常識に取り込まれるにしても、

それに慣れ過ぎてしまうと、

以前は疑問に感じていたことや

葛藤を覚えていたことでも、


「まあ、そういうものでしょ」


と、思考停止してしまうから危険。



やはり、基本的に、

郷に入れば郷に従えのスタンスをとる

にしても、

自分の中で生じた

「本当にこれでいいのだろうか?」

という違和感は大事にすべきだし、


自分と向き合って思考し、

丁寧に言語化していくプロセスは

必要ではないかと、強く思います。



「世の中に取り込まれつつも、自分を見失わない」


みたいな感じでしょうか。



まあ、うまく表現できませんが、

そのためにも、以前、

益田のひと(*)でもお話させていただいたように、


「立ち止まって考える」


が大切なのかなと(笑)。


https://masudanohito.jp/hito-all/page/5/




ということで、私自身、

社会の常識の中で思考停止しないよう、

これからも自分と向き合う時間を

重視したいと思います。




・・尾崎豊の映像に見入っていた時間を無駄にせぬよう、

強引にネタにしてみました(笑)。


**************************************


【本日のまとめ】

■ 「世の中に取り込まれる」とか「常識に染まる」

  みたいなことへの葛藤(=自分との戦い!?)は、

  少なからず、誰もが経験してきたのではないだろうか。

■ 社会の常識の中で思考停止しないよう、

  自分と向き合う時間を重視したいもの。



posted by 安野 広明 at 20:46| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

Vol.2351「益田市の新設HPの中で、ご紹介いただきました」


益田市が、


「ひとが育つまち、益田」


をテーマに、

こんなページを新設されました。


https://masudanohito.jp/



ドローンで撮影した益田の風景が、

いい感じです!



そして、

サイトの中の「益田のひと」のコーナーにて、

恐縮ながら、私(安野)もご紹介いただいてます。


https://masudanohito.jp/hito-all/page/5/



4年くらい前に取材を受けたもので、

これまで益田市が小冊子にした

「益田のひと@〜B」の3冊が

一覧になっているようです。



私は、


「ブログでアウトプットすること」


についても触れており、

これで現在、ブログの更新が途絶えていたら、

説得力がなくなるところでした(汗)。



これほど公になったからには、

今後もブログは

継続するしかないですね(笑)。




また、(私はさておき、)

こうして見ると、

自分が知らないだけで、

益田にも魅力的な人がたくさんいらっしゃる

ことがよく分かります。



よろしければ、

ご覧になってみて下さい!


https://masudanohito.jp/hito-all/



posted by 安野 広明 at 22:10| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする