2019年03月19日

Vol.2311「真の人脈づくりとは、自分が魅力的になること」


多くのビジネス書には、

人脈やネットワークを築くことの重要性

が書かれています。



現在は、SNSの普及により、

昔に比べてつながりやすくなった

というのもあるのでしょう。



かくいう私(安野)自身、

一時期は、

勉強会や研修で懇親会があれば必ず参加し、

名刺交換をしまくりました。



正直、そういうのは苦手なのですが、

「これも人脈づくりのため」

「袖振り合うも多生の縁」

だと信じ、

私なりに頑張った訳です(笑)。



結果として、

大量の名刺をゲットできましたし、

Facebookで友達になった方も、

それなりの人数いらっしゃいます。



ただ、そうやって知り合った内、

いったい何人の方といまでも関わりがあるか

といえば、・・ほとんど無し(汗)。



「人脈づくり」という名の「名刺コレクター」

になっていたようです。



もちろん、意識的に

出会いの場に足を運び、出会いの数を増やすことが

無意味だとは思いませんが、


「外に出て、知り合いの数さえ増やせば、人脈やネットワークが築ける」


という安易な発想は、

少し違うのかなと。



それよりも、

日常の中で出会う人たちと、

しっかり向き合って話し、

そこでのご縁を太く、強くしていくことが大事

だと感じますし、何より、


人脈を追い求める前に、

自分自身が魅力的な人間になること


に重心を置くべきではないでしょうか。



魅力的な人の周りには、

必然的に良縁が集まり、

結果として、人脈やネットワークがついてくる

からです。



そして、そのためにも、

いまいる場所で、(小さくてもよいので)


何かに挑戦し続けているかどうかがポイントになる


と考えています。



自戒を込めて・・


***************************************


【本日のまとめ】

■ 「外に出て、知り合いの数さえ増やせば、人脈やネットワークが築ける」

  という発想は、あまり意味が無い。

■ 人脈を追い求める前に、

  自分自身が魅力的な人間になること

  に重心を置くべきである。



posted by 安野 広明 at 22:38| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする