2019年03月14日

Vol.2306「一流の人に、順風満帆な人はいない」


昨日は、丸1日、

致知出版社様主催の『徳望塾』に参加。



ゲスト講師は、

「ラ・ロシェル」オーナーシェフの坂井宏行氏です。



坂井氏は、

1990年代に社会現象を巻き起こした人気番組『料理の鉄人』に、

フレンチの鉄人として出演されたことでも有名。



私(安野)は、当時、

タイムリーに番組を視ていたので、

3鉄人(=中華の陳建一、フレンチの坂井宏行、和の道場六三郎)

のお1人のご講演を聴けるというのは、

大変光栄でした。



それにしても、とても77歳には見えない

坂井氏の若々しい立ち姿と、エネルギッシュなお話しぶり

には驚きです。



ご本人も、


「リーダーにとって一番大事なのは健康」


だとおっしゃっていましたが、

4店舗・スタッフ130名のトップとして、

スタッフに心配をかけないために、

多忙な中でも時間を作って

ご自身の身体をケアされているそうで、


完全に運動不足の私は、

反省させられました(汗)。



坂井シェフ、たくさんの学びをありがとうございます!




・・今回で、

半年に渡る『徳望塾』全6回が終了。



この半年間を振り返って感じるのは、


どのゲスト講師も、誰1人として、

これまで順風満帆な人生ではなかった


ということです。



登壇される一流の方々は、


「目の前に現れた課題から逃げずに、向き合い、乗り越える」


を何度も何度も繰り返していく中で、

結果として、人間力や徳望が滲み出てきた

というのが正しい表現ではないか

と思っています。



私自身、

『徳望塾』で学んだ内容を、

単なる知識で終わらせることなく、


「直面する課題は自分を磨くチャンス」


と、できるだけ前向きに捉え、

日々の実践につなげていくつもりです。




ゲスト講師の皆様、致知出版社の皆様、

半年間、本当にありがとうございました!



本日は、備忘録ということで。


posted by 安野 広明 at 23:38| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする