2019年03月31日

Vol.2323「益田木鶏クラブで益田家墓所の清掃活動を行いました」


昨日は、

益田木鶏クラブのメンバー数名と一緒に、

山口県萩市須佐町にある益田家墓所の清掃を行いました。



昨年に引き続き、2度目の活動です。


*活動趣旨については、以下をご参照下さい。
      ↓
Vol.1944「益田木鶏クラブ”の活動報告」
http://bplan.seesaa.net/article/458039405.html



それにしても、

清掃中は大雨に降られ、終わった途端に晴れ間が広がる

という、よくあるパターン(笑)。



益田家代々の領主の方々に、

喜んでいただけたのでしょうか。



ビフォア―の写真を撮り忘れてしまいましたが、

清掃前よりもかなり綺麗になりました。



よろしければ、ぜひ、

足をお運び下さいませ。



以下は、当日の様子です。(訳あって、多めに写真を掲載します)


080.JPG

益田家墓所の入り口。須佐の「みこと館」より数分歩いた場所にあります。


003.JPG


011.JPG


023.JPG


027.JPG


025.JPG


033.JPG

益田の七尾城の最後の領主、益田元祥公のお墓。


035.JPG


038.JPG

なんと藪の中に埋もれていたお墓が見つかりました。


039.JPG


041.JPG


044.JPG


050.JPG


054.JPG

益田木鶏クラブの岡ア代表世話人が、益田元祥公のお墓に水をかけた後、

全員で手を合わせて感謝を伝えました。


078.JPG

今回は、須佐町の方も3名参加して下さいました。


昨年、益田木鶏クラブで、

NPO須佐元気なまちづくりネット様へ寄付をさせていただいたのを機に、

4月以降、お墓の前に、看板が設置される予定です。


われわれの活動が、益田市と萩市との架け橋になれば嬉しく思います!



056.JPG

清掃活動終了後、須佐公民館の吉田館長が、

「みこと館」の展示物や、須佐町の法隆寺を案内して下さいました。


058.JPG

法隆寺から見た益田家墓所。山の中腹にあります。


059.JPG

日露戦争の時、日本海海戦で敗れたロシア兵33名が須佐町に流れ着き、

ここ法隆寺で3日間、町民がお世話をしたそうです。


そのロシア兵たちは、無事に国まで送り返されたのだとか。


和歌山県のエルトゥールル号遭難事件のような出来事が、

須佐町でもあったのですね。


こちらはその記念碑です。



以上、ご報告まで。



posted by 安野 広明 at 09:08| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

Vol.2322「中小零細企業に求められる‶雑草魂”」


道端の雑草が、

アスファルトの小さなすき間から生えていたり、

抜いても抜いても生えてくる様子に例えて、


「雑草のようにたくましく」とか「雑草魂」


という表現を用いることがあります。



それだけ雑草は、

「強い植物」というイメージが

定着しているのでしょう。



ところが植物の世界では、

雑草はむしろ「弱い植物」

と言われているのだそうです。



どういうことか?



実は植物は、

光や水を奪い合い、生育場所を争って、

激しい競争を繰り広げています。



そして雑草は、

そのような植物間の競争に弱く、

たくさんの植物が生い茂るような深い森の中には

生えることができません。



そこで、

よく人に踏まれる道端や、畑の中のように、

他の植物が生えることのできない場所を選んで

生息しているのです。


*『弱者の戦略』(稲垣栄洋 著)を参照



つまり

草取りされるような不人気な場所

でなければ生き残れない、

「弱い植物」ということ。



そのように聞くと、

雑草に対するイメージが変わりますね。




ここで着目したいのは、

ポジショニング(=生息場所)を変えることによって、


熾烈な生存競争を生き抜いてきた


という事実です。



これはまさに、

商売の世界においては弱者に当たる

中小零細企業が見習うべき戦略

ではないでしょうか。



強者である大企業とバッティングしないように、

商品・サービス、商圏、客層、価格等をズラし、

ポジショニングを変えながら生き残りを図る。



中小零細企業には、

「雑草魂」が必要なのだと思います。




・・強さとは、決して

他者を打ち負かすことではありません。



重要なのは、生き残ること。



生き残りさえすれば、

いつかチャンスはやってきます。



「強いものが生き残る」のではなく、「生き残ったものが強い」


ということを、

肝に銘じておきたいものです。



草取りをしながら、

そんなことを考えました(笑)。


**************************************


【本日のまとめ】

■ 雑草は本来、「弱い植物」だが、

  ポジショニング(=生息場所)を変えることによって、

  熾烈な生存競争を生き抜いてきた。

■ 商売の世界において弱者に当たる中小零細企業においても、

  商品・サービス、商圏、客層、価格等をズラし、

  ポジショニングを変えながら生き残りを図る「雑草魂」

  が必要ではないだろうか。

■ 「強いものが生き残る」のではなく、「生き残ったものが強い」。


posted by 安野 広明 at 22:13| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

Vol.2321「“山陰”の地で、たくさんの“ありがとう”を集める」


弊社ホームページのトップ画面に表示される、


「たくさんの“ありがとう”を集め、日本の中小企業を元気にする」


という経営ビジョンの背景の写真を、


「三里が浜(持石海岸)から眺める夕日」


に変更しました。



以前、私(安野)が撮影したものですが、

我ながらいい写真だと思っています(自画自賛 笑)。




ところでなぜ、夕日なのか?



それは、

弊社の所在地と関係しています。



ここ島根県は、「山陰地方」と呼ばれますが、

「山陰」をそのまま読むと、「山の陰」。



正直、昔は、

あまりいいイメージを持っていませんでした。



ところが、

2015年に特別講演会の講師としてお招きした中村文昭さんから、


「山陰という言葉は、この地域の人々が、

 沈みゆく太陽さんに向かって、

 “お陰様です”"ありがとうございます”

 と拝む習慣があったこと、つまり、

 山ほどのお陰さん(=ありがとう)が飛び交う地域なんやで〜」


みたいな感じで教わり、

印象がガラリと変わることに。

 

いまでは、

「山陰」という言葉に

プラスのイメージしかございません(!)。



そして何より、


「たくさんの“ありがとう”を集める」


という、

弊社の経営ビジョンとも合致します。



そこで、


「山ほどのお陰様が飛び交う地域で、たくさんのありがとうを集める」



これが、夕日の写真に込めた意味です。




・・とまあ、こんな感じで、

弊社ホームページはちょくちょくマイナーチェンジを行っておりますので、

よろしければご覧になってみて下さい。



以上、ホームページのPRでした(笑)。


http://annokaikei.com/



posted by 安野 広明 at 22:22| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする