2019年02月11日

Vol.2275「‶継続のハードル”を乗り越えるために」


ご承知の通り、何事も、

「始める」のと「終わる」のは割と簡単ですが、

「続ける」のは難しいもの。



「初動のハードル」を越えた先に待っているのは、

どこまでも高い「継続のハードル」です。



これは、

社内の取組みにしてもそうですし、

コミュニティ運営にしても同じでしょう。



正直、私(安野)自身、


「この取組み(または運営)、ここで終わらせたら楽だよな〜」


と思うことはたまにあります(汗)。




そして、その度に思い出すのが、

アンパンマンの生みの親である、

漫画家やなせたかし氏の

「満員電車」の例え(*)。


* ご参照下さい。
    ↓
Vol.335「人生は満員電車の如し」
http://bplan.seesaa.net/article/378025923.html



以下、一部抜粋です。


(ここから)
   ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「ギュウギュウ詰めの満員電車は嫌だ!」

と降りてしまうことなく、


「継続は力なり」で

諦めずに我慢して乗っていると、


次々と人が降りていって

いつの間にか席が空いて座れた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   ↑
(ここまで)



少し分かりにくいかもしれませんが、

60歳にしてやっと日の目を見るようになった、

言い換えれば、

目立った成果は得られずとも、


何十年という長い時間軸で活動を継続された


やなせ氏の人生から、

学べることは多いのではないでしょうか。



私の場合、

地道にコツコツやるしかできませんので、

やなせ氏のような人生を、

自分の中の物語の1つとして

持っておこうと思っています。




・・話は変わりますが、

先日の「企業講話」(*)のご感想を読むと、

「1日1%の成長」の話が

訓練校の生徒さんの印象に残ったみたいです。


* ご参照下さい。 
    ↓
Vol.2271「まずはバッターボックスに立つ」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190207-1.html


Vol.1564「1日1%、“目標に結びつく行動”を」
http://bplan.seesaa.net/article/447528631.html


Vol.1250「無理はせず着実に、“1日1%の成長”を目指す」
http://bplan.seesaa.net/article/436997191.html



上述したように、簡単そうに思えて難関なのが、

この「継続のハードル」ですので、


やなせ氏をはじめ、継続によって、

時間を味方につけて成功した諸先輩方の生き方を知り、

ご自分の中に物語として持っておくと、

勇気をもらえるかもしれませんね。



いただいた感想文に目を通しながら、

そんなことを考えました。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 何事も、「始める」のと「終わる」のは割と簡単だが、

  「続ける」のは難しいもの。

■ 時間を味方につけて成功した諸先輩方の生き方を知り、

  自分の中に物語として持っておくと、

  勇気をもらえるのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 21:03| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする