2019年02月05日

Vol.2269「一段上の情報発信が、自己成長を促す」


先日、弊社のニュースレター「かけはし」(*)

を読んで下さった方から、

ご丁寧にお葉書をいただきました。


http://annokaikei.com/newsletter



お葉書によると、バックナンバーを読み返して心に残った記事を、

後日、大阪で働くご子息に送って下さるとのこと。



本当に恐縮ですし、嬉しく思います。



と同時に、

こうして自分(自社)が発信した情報

に対するフィードバックをもらう都度、感じるのは、


「自分で書いたこと(=発信した内容)を、自分は実践できているだろうか?」


という、焦りにも似た気持ち。



実際には、

できていないことの方が

多いかもしれません(汗)。



もちろん、

言っていることとやっていることを

少しでも多く一致させるよう

努力はしているつもりですが、

まだまだ未熟なのが正直なところです・・



とはいえ、このような、


(現在の自分の実力からすると)レベル感の高い情報発信


を行うことは、

自らの成長を促してくれる

とも考えています。



一段上の情報発信は、

言ってしまえば、

自分(自社)に金メッキを貼るようなもの。



したがって、

情報に触れた人の(発信者に対する)ハードル(=期待値、印象)は高まり、

発信側としては、

適度にプレッシャーも感じます。



そして、その金メッキが剥がれる前に(!?)、

実践し、実力を身に付けようともがいている内、

多少なりとも成長できる(と信じている)のです。




実は、このブログにしてもそう。



いまの自分が実践できていることだけ書こう

とすれば、正直、

毎日書くネタなんてありません(汗)。



ですので、一段上の、

現時点で自分ができている訳ではないけれど、

目指し続けたいこと、大切にしたいこと

などを、自らの考えや思いとして

発信しています。




まあ、過度に自分(自社)をよく見せたり、

自ら実践する気の無い机上の空論を発信する

のはいかがなものかと思いますが、


少し先の、一段上の情報発信くらいであれば、

自己成長につながるし、

丁度いいのではないでしょうか。



そんなことを考えました。


***********************************


【本日のまとめ】

■ (現在の自分の実力からすると)レベル感の高い情報発信

  を行うことは、自らの成長を促してくれる。

■ 金メッキが剥がれる前に実践し、

  実力を身に付けようともがいている内、

  多少なりとも成長できるはず。



posted by 安野 広明 at 22:52| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする