2019年01月25日

Vol.2258「“自分のことを棚に上げていないか?”という問いを持つ」


私(安野)は、経営者という立場上、

社内でそれっぽいこと(!?)を話す機会が

数多くあります。



例えば、

「仕事に向き合う姿勢」について

だったり、

「お客様への価値提供」について

だったり。



そして同時に、頭の中では、

「偉そうなこと言ってるけど、自分はどうなんだ?」

という声が聞こえ、いつも、

「いや〜自分だって、まだまだ未熟だよな〜」

と反省させられています。



とりわけ、

若い人に対して指導する場面では、

自身の若かりしサラリーマン時代を思い出すことも。



同僚とつるんで会社の研修をサボったり、

遅くまで飲んだくれたり、

実力不足で上司やお客様にご迷惑をおかけしたり、

プレステUのウイニングイレブンにハマって睡眠不足が常態化したりw



数え上げれば切りがないくらい、

ダメダメなことだらけです(汗)。



そういったことを棚に上げて

若い人にアドバイスしているのだから、

当時の上司や同僚が見ていたら、

「お前が言うなよ〜」

という感じでしょうね。



その通りだと思います(笑)。




ただ、それはそれとして、

与えられた役割を全うするためには、

指導しなければならない場面がある

のも事実。



そして、その際には、

メンバーや組織の成長のためにも、

「言うべきことは言う」

といったスタンスを貫く必要があります。



これはまさに、

指導側にとってのジレンマですね・・。




そのように考えると、

指導する立場にある人は、


「自身の未熟さ」を常に頭の片隅に置いた上で、

相手と向き合うことが重要


ではないでしょうか。



当然ですが、

この世に生まれてから今日に至るまで

聖人君子のような人はいない訳で、

誰しも少なからず、


「自分もまだ未熟だよな〜」


という側面はお持ちのはず。



だからこそ、


「自分も未熟な修行中の身である」


と意識しながら接することで、

相手(=部下)を一刀両断にすることなく、


相手の気持ちに寄り添った、人間味のある指導ができる


と思っています。




「最近の若者は・・」

とか

「なんでこの人は・・」

と愚痴をこぼしたり叱ったりする前に、


「自分のことを棚に上げていないか?」


と自問してみてもよいかもしれません。



・・自戒を込めて。


************************************


【本日のまとめ】

■ 指導する側においては、

  「自身の未熟さ」を常に頭の片隅に置いた上で、

  相手と向き合うことが重要。

■ 相手に愚痴をこぼしたり叱ったりする前に、

  「自分のことを棚に上げていないか?」

  と自問してみてはどうだろうか。




posted by 安野 広明 at 23:51| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする