2019年01月18日

Vol.2251「会社という‶人間性教育の場”」


過去のエントリ(*)でも何度か書かせていただきましたが、

会社経営をする上で、

「ビジョン(人間性、考え方)」と「利益(経済、やり方)」とは、

車の両輪です。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2191「‶楕円の世界観”で、統合・調和をはかる」
http://bplan.seesaa.net/article/462791687.html



かの渋沢栄一氏が説いた

「論語と算盤(そろばん)」のように、

どちらが欠けても上手くいかない

と考えています。



そしてこれは、

国家レベルでも同じで、

経済成長(=利益)一辺倒では、

それはあたかも

一輪車に乗っているようなもの。



西洋的な発想により

経済合理性に偏重するのは、むしろ

不安定で危なっかしいと感じます。



では、

もう1つの車輪となるのは何か?

というと、それはやはり、

人間性の教育、具体的には、


文化や歴史や人物に学ぶこと


ではないでしょうか。



「人間性教育」と「経済」の両方

があってはじめて、

国も会社も永続的に発展できる

と思うのです。




したがって、

学生時代はもちろんのこと、

社会人になった後も

人間性教育は欠かせませんし、


その役割の一端を担うのが、

会社だと考えています。



つまり会社は、

(経営者や)社員さんにとって

「生活給を得る場」

であると同時に、


(経営者を含む)「人間性教育の場」


でもあるのです。



そのように解釈しているからこそ、

弊社では、学びの一環として

社内木鶏会(=人間学を学ぶ『月刊致知』を用いた社内勉強会)を

毎月開催したり、

経営計画書を活用した学びの機会

を設けるようにしています。



まあ、実際には、

弊社もまだまだなのですが、


会社を「人間性教育の場」と捉え、

そのための取組みを継続する企業が増えれば、

日本の国力も高まるのではないか(!?)と、

珍しく壮大なことを書いてみました(笑)。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 「人間性教育」と「経済」の両方

  があってはじめて、

  国も会社も永続的に発展できる。

■ 会社は、

  「生活給を得る場」であると同時に、

  「人間性教育の場」でもある。



posted by 安野 広明 at 23:30| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする