2019年01月13日

Vol.2246「ギャップを認識するための‶足運び”」


昨日は、

健人倶楽部(=クローズドな会計人のネットワーク)主催の見学会で、

福島県郡山市にある

三部会計事務所様を訪問。



「地域の中でなくてはならない存在」


を目指す同事務所の取組みは、

地方に拠点を置く弊社にとって、

参考になることが数多くありました。



三部会計の皆さん、健人倶楽部の皆さん、

貴重な機会をいただき

ありがとうございます!


************************************


ここ数日、

ご縁のある同業他社へと足を運び、

お話を聞かせていただきました。



この営み自体は、

私(安野)が経営者になって以来

ずっと続けており、これまでに訪問した数は、

優に50ヶ所を超えます。



なぜそのような活動を

意図的に行っているかというと、

私自身、個人の会計事務所に勤めた経験が無い状態で

急きょ経営者になったため、純粋に、


皆さん、どうやって事務所運営をされているのか?


を知りたかったというのと、

もう1つの理由(←現在はこちらがメイン)は、


成果を上げている事務所とのギャップを認識するため


です。



このギャップというのは、

サッカーに例えると、

相手選手のボールを取ろうと

体をぶつけに行った時に、

相手と自分との実力差が分かるようなもので、


自ら外へ足を運び

体当たりしに行かなければ、

決して気付けません。



その時に初めて、


「え!?こんなに差があるの?」

「こんなことまでやってるの?」

「自分はまだまだ甘いな〜」


などと感情が動き、「感即動」で、

次の行動へとつながるのです。




実は、弊社で企画する

「人を大切にする経営実践講座」(*)の中で

企業視察ツアーを組み込んでいるのも、

参加企業の皆さんに、

まずは外へ出てギャップを認識していただきたいから

だったりします。


( 今年も、魅力的な視察先を検討中ですので、ご期待下さい!)


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/keieijissen_20180319.pdf




内に籠っていると、

どうしても視野が狭くなり、思考が凝り固まり、

自社の常識が世の中の常識だと

勘違いしてしまいがち。



少なくとも

組織の方向性を決める立場にある経営者は、

ギャップを認識すべく、

足運びが不可欠だと考えています。


**********************************


【本日のまとめ】

■ 自ら外へ足を運び、体当たりしに行かなければ、

  ギャップに気付けないもの。

■ 組織の方向性を決める立場にある経営者は、

  足運びが不可欠ではないだろうか。




posted by 安野 広明 at 18:54| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする