2019年01月01日

Vol.2234「意識を行動へと転化させるべく、目標設定を」


昔から


「流れ星が消えるまでの間に願い事を唱えると、夢が叶う」


と言われます。



ロマンチックな話ではありますが、

その本質は、


「流れ星を見た一瞬ですら、すぐに言葉が出るくらいに

 夢や目標を言語化し、強く想っているから、

 行動につながり、夢が実現しやすくなる」


のだと、ある方に教わりました。



確かに、


「自分は何をやりたいのか?」

「自分はどうありたいのか?」


が明確になっていなければ、

いくらビジネス書を読んでも、

どんなセミナーに参加しても、

何も変わらない気がします。



「いまとは違うどこかへ行きたい」


程度では、勉強すればするほど、

ただの「意識高い系」で終わってしまうのです。



やはり、

その意識を行動へと転化させるためには、

何よりも自分自身にフォーカスし、まずは


自分なりの目標(=目指したい先)を定める必要がある


のではないでしょうか。




私(安野)の場合、経営者という立場上、

現状に満足せず、

自らを積極的に陳腐化させながら、

これからも適時、

目標の再設定をしていくつもり。



そして、行動の足跡の一部を

こちらのブログに書き記すと同時に、

多少なりとも読まれた方のお役に立てるよう

努力して参る所存です。



ということで、

今年もよろしくお願いします!


************************************


【本日のまとめ】

■ 意識を行動へと転化させるためには、

  何よりも自分自身にフォーカスし、まずは

  自分なりの目標(=目指したい先)を定める必要がある

  のではないだろうか。




posted by 安野 広明 at 20:29| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする