2019年01月16日

Vol.2249「‶1人称の視点”を持つことで、世の中の見え方は変わる」


以前、1人称童話シリーズの

『桃太郎が語る 桃太郎』

という本を読んだことがあります。



子供向けの絵本なので

別におすすめする訳ではないのですが、

Amazonの内容紹介を一部抜粋すると、

以下の通り。



(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくは鬼がこわいと思いました。


「昔々あるところに…」でおなじみのスタンダードな昔話は、決まって3人称、

いわゆる「天の声」でえがかれています。


3人称から1人称へ。客観から主観へ。

もしあの童話の主人公が自らの口で語ったら。

その額にカメラがついていたら――


「1人称童話」はそんな発想のちょっと変わった絵本です。

えがかれるのは、3人称のナレーションでは語られない、

主人公の「たとえば」の胸の内。


他者である主人公の視点から物語を体験する1人称童話は

「まなざしと気持ちの絵本」といえるのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)



桃の中に入っている時(=産まれる前)から、

すべてが桃太郎目線というユニークな切り口で、

本の最後には、

「もし君が桃太郎なら?」

との問いかけが・・



読んだ後にも

子供に考えさせる工夫が為されています。



まあ、うちの子の反応は

いまいちでしたけど(汗)。



それはさておき、

このように1人称にしただけで、

こんなに物語の見え方や感じ方が変わってくるのか〜

というのが、

私(安野)の率直な感想です。



桃太郎には、桃太郎にしか分からない真実がある。



そういうことでしょう。




そしてこの事実は、

すべての人間関係において

同じことが言えます。



人はそれぞれ、

人生という物語の中を生きている訳ですが、

その際、

「傍からどう見えるのか」



「その人がどう感じているのか」

とは、まったく別。



例えば、

物語の中では鬼ヶ島の鬼に勇敢に立ち向かう桃太郎も、

心の中では「鬼が怖い・・」と思っている

のかもしれませんし、


1人称の対象を鬼に切り替えてみると、

鬼には鬼の真実があるのかもしれません

(鬼に感情があればの話ですが 笑)。




何が言いたいかというと、

1人称で捉えることによって

世の中の見え方や感じ方が変わるのであれば、

他者とコミュニケーションを図る上でも、

表面的な見え方とは別に、


「その人にとっての真実があるんだろうな〜」


といった視点は

常に持っておくべきではないだろうか?

ということ。



相手の視点をイメージするのは

決して簡単ではありませんが、


「相手に寄り添う」

とか

「相手の立場に立つ」


というのはそういうことなのかな〜

と思っています。




1人称童話シリーズを読みながら、

そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 物語を1人称にしただけで、

  見え方や感じ方が変わってくる。

■ 他者とコミュニケーションを図る上でも、

  表面的な見え方とは別に、

  「その人にとっての真実があるんだろうな〜」

  といった視点は

  常に持っておくべきではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 21:12| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

Vol.2248「失敗は“経験”となり、“自信”につながる」


昨日、

地元紙の山陰中央新報を読んでいると、

「成人の日に寄せて」

というタイトルで、

植松電機の植松努社長によるメッセージ

が掲載されていました。


<おすすめ本>

『思うは招く〜自分たちの力で最高のロケットを作る! 』(植松努 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4800251397/

『NASAより宇宙に近い町工場』(植松努 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4887597525/



植松電機は、

北海道赤平市にある約20人の小さな町工場

なのですが、

もともとの本業とは別に、

ロケットや人工衛星の開発も手掛けている

ことで有名。



「リアル下町ロケット」

とも呼ばれています。



私(安野)は、以前、

赤平市の本社にお邪魔し、

モデルロケットの製作&打ち上げ体験(*1)

をさせていただいたり、

弊社の特別講演会に植松努さんをお招きした(*2)

こともあるので、


経営者としても人としても尊敬する植松さんが、

新成人に向けて

どんな言葉を伝えていらっしゃるのか、

興味深く拝読しました。


*1 Vol.1272「相談相手は、慎重に選びましょう」
   http://bplan.seesaa.net/article/437875080.html


*2 Vol.1398「昨日の特別講演会、無事に終わりました!」
   http://bplan.seesaa.net/article/441997332.html



以下、記事より一部抜粋します。


▼ これからは自分の意思で己の人生を決め、その責任を自ら負うことになります。

  だから、成人すれば「決定する力」が必要になります。

▼ 悩みの本質は「自分の考えたことを自分で信じられない」ことです。

  つまり「自信が無い」状態です。

▼ 自信とは「なんとかなりそうだな」と思えることです。

  不安とは「どうなるか分からない」という気持です。

▼ 自信は未来を予測する能力と関係がありそうです。

▼ そのために必要なのは、「こうしたら、こうなった」というデータです。

  このデータは「経験」と呼ばれます。

▼ その数が多く、幅が広いほど、未知と出会ったときに

  それを理解したり、未来を予測したりする能力が高まります。

  つまり、自信は、経験値に比例していると言えます。

▼ 大切なのは、学校や大人が押し付けてくる価値観に合わせて、

  みなと同じことをするのではなく、

  自分がやってみたいことをどうやったらできるか考え、

  やり始めることです。

▼ 恐れずに経験を積み、自信をつければ、

  人からどう思われるかや、どう見られるかではなく、

  「自分がどうしたいのか?」で

  人生を決めることができるのです。

▼ 成人をきっかけにぜひ、躊躇せず

  向こう側に足を踏み出してみて下さい。

  みなさんの自信はどんどん増えていくはずです。

▼ それが、本当の自由です。

  「自らを由(よし=よりどころ)」とする生き方です。

▼ 成人とは、時間の区切りではなく、生き方の区切りなのです。


 

植松さんのメッセージから、


「“経験”の数が多く、幅が広いほど、“自信”につながり、

 結果として、

 自分の人生を自分で決定する“自由”が手に入る」


ということが伝わってきます。



そして、

ここでいう「経験」には、

「成功」のみならず、

「失敗」も含まれるはずです。



「失敗が自信につながる」

と言われると、

少し違和感を覚えるかもしれませんが、


そのように捉えることで、

過度に「失敗」を恐れる必要はなくなる

のではないでしょうか。



これは、新成人のみならず、

私を含め、

すべての大人に伝えたいメッセージですね・・




本日は備忘録ということで。



posted by 安野 広明 at 22:46| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

Vol.2247「‶今、幸せを感じる力(=感謝力)”が、人生にも仕事にも影響を及ぼす」


「今を乗り切れば、幸せな未来が待っている」


とは、

多くの人が抱きがちな幻想です。



そして、この言葉には、

「今は辛い、不幸、不遇」

というニュアンスが含まれています。



確かに、

そういった厳しい境遇に置かれている人

もいらっしゃるのでしょう。



ただ、ここでいう

「幸せな未来」が、すべて、

「誰か(=会社や他人や周囲の環境)によってもたらされるもの」

という解釈だとすれば、

いかがなものかと思ってしまいます。



なぜならば、幸せは、

誰かにしてもらうものではなく、

自分で感じるものだからです。




少し話は変わりますが、


「過去はない 未来もない あるのは永遠に続く今だけ」


の言葉のように、

「未来」という別世界が存在するのではなく、

人生は、「今」の連続でしかありません。



だとすれば、

「今」、幸せを感じられない人に、

いつか「幸せな未来」が訪れるかといえば、

甚だ疑問です。



そのように考えると、結局のところ、


「今、幸せを感じられるかどうか」


が大切なのであって、それは、

その人の幸せを感じる力、すなわち、

「感謝力」に比例するような気がします。



そして、ここでいう「感謝力」は、


いまの自分にとって不都合なこと、

思い通りにいかないことにばかりスポットを当てるのか、

それとも、

自分が周りの人に支えられていることや、

お世話になっていることにスポットを当てるのかなど、


物事のどの側面にスポットを当てるかによって、

全く異なるはずです。



したがって、

いつも他責のスタンスで不平不満を漏らし、

今、幸せを感じられない人に、

ある日、「幸せな未来」がやってくるとは

とても思えません。



さらに言うと、


自分自身が幸せを感じられない人は、周りの人を幸せにできない


といった事実からすると、

「今、幸せを感じる力」は、

仕事の成果にも影響を及ぼす

のではないでしょうか。




自分が不幸な理由、思い通りにならない理由

を数え上げればきりがありません。



どうせなら、

「今、恵まれていること」

「今、支えられていること」

などに目を向け、

機嫌よく過ごしたものです。



極論かもしれませんが、

世界に目を向けても、

昔の日本に目を向けても、

今、戦争の無い平和な時代に

日本という国に生まれただけでも、

恵まれているのですから・・




自戒を込めて。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 幸せは、誰かにしてもらうものではなく、

  自分で感じるもの。

■ 「未来」という別世界が存在するのではなく、

  人生は、「今」の連続でしかない。

■ 「今、幸せを感じられるかどうか」

  は、その人の幸せを感じる力、すなわち、

  「感謝力」に比例する。

■ 自分自身が幸せを感じられない人は、

  周りの人を幸せにできない。



posted by 安野 広明 at 19:23| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする