2019年01月28日

Vol.2261「世の中に蔓延する、“売上至上主義”という病」


先日の

益田商工会議所青年部様のセミナー(*)

でもお話したのですが、

中小零細企業には、

「売上至上主義」

という病がはびこっています。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2255「益田商工会議所青年部でセミナー講師をつとめました」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190122-1.html



そしてこの病気は、

現在、猛威を振るっているインフルエンザ

の比じゃないくらいに厄介(汗)。



社長本人に自覚症状は無く、

しかも放っておけば、最悪、

会社が倒産しかねませんので・・。



とりわけ

小さな会社ほど社長の影響力が強く、ワンマン経営になるため、

社長が「売上至上主義」に陥ったが最後、

その会社は、売上だけを追い求める集団

になる可能性が高いと思います。



そもそも、多くの社長が

売上ばかりに意識を向ける理由は、


「売上さえ増やせば利益も残る」


とか


「売上と利益が比例する」


といった幻想にとらわれていることが要因

ではないでしょうか。



この点について、

セミナーでは図を用いながら説明したのですが、

実際には、

売上と利益とは、必ずしも比例しません。



売上が増えても利益が減る場合もありますし、

その逆もまた然りです。



もちろん、業界によっては、

売上規模の大きい方が仕事が取りやすくなる

といった現実もありますが、

ただその結果として利益が残らず、

会社が立ち行かなくなったのでは本末転倒でしょう。



したがって、大事なのは、

売上ではなく利益(または粗利)。



「どうやって利益を残すのか?」


だけを考えればいいといっても、

言い過ぎではないと思います。




・・そんなことをセミナーでお話したら、

最近、手に取った本の中に、


「まさにその通り!」


と、思わず膝を打つ内容

が書いてありました。



インフルエンザの治療薬タミフル

ではありませんが(笑)、


「売上至上主義」という病の治療薬(!?)として、

以下の本をおすすめいたします。


<おすすめ本>

『粗利「だけ」見ろ 〜儲かる会社が決して曲げないシンプルなルール』(中西宏一 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/434492052X/


************************************


【本日のまとめ】

■ 中小零細企業には、

  「売上至上主義」という病がはびこっている。

■ 大事なのは、売上ではなく利益(または粗利)。

  「どうやって利益を残すのか?」

  だけを考えればいい。



posted by 安野 広明 at 23:01| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

Vol.2260「業界の常識(=世間の非常識)にメスを入れる」


同じ業界に長年所属していると、

いつの間にか、

その業界の常識や慣習に

囚われてしまうものです。



そして、その慣習が、

お客様にとってプラスに働くならまだしも、

時に、マイナスだったりもします。



あえて詳細は割愛しますが(汗)、

弊社が属する会計業界にも、

世間から見たら非常識な慣習はたくさんあって、


それは、私(安野)自身が

全国各地の同業他社を見て回ったり、

異業種の経営者から会計事務所に対するご意見を

聞かせていただく中で、

よく分かりました。



われわれの業界は、相当、

世間の常識やお客様が求めているニーズから

ズレていると思います。



実際、弊社においても、

業界の常識に囚われてしまっている面が多々あるのは、

言うまでもありません。



お恥ずかしい話ですが・・




ただ、時代は目まぐるしく

変化しています。



いつまでも業界の常識(=世間の非常識)

に囚われたままだと、

その先に待っているのは、

ゆでガエル状態(*)です。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1854「気付くのが遅かった・・では済まされない!?“変化への感度”を上げましょう」
http://bplan.seesaa.net/article/455609425.html



したがって、まずは、

属している業界や自社の

常識を疑うこと。



その上で、

悪習慣となっている面にはメスを入れ、


非常識を常識レベルに軌道修正すること


が不可欠ではないでしょうか。



そこに着手しない限り、

次の段階へは進めませんので。




そして、このことは、

会計業界のみならず、

あらゆる業界において同じことが言える

と思います。



世間の常識(=お客様や時代のニーズ)に対して、

しっかりとアンテナを立てたいものです。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 同じ業界に長年所属していると、いつの間にか、

  その業界の常識や慣習に囚われてしまうもの。

■ 悪習慣となっている面にはメスを入れ、

  非常識を常識レベルに軌道修正すること

  が不可欠ではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 21:09| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

Vol.2259「言葉にエネルギーは乗っかっていますか?」


経営者やリーダーであれば、

自分の想いを相手に(口頭で)伝える力

は不可欠です。



私(安野)の場合、

もともと口数が少なく、

あまり喋りが得意ではないので、

毎日の朝礼、毎週の週礼、

毎月の月例会、個人面談、社内木鶏会、次世代リーダーの会

など、

強制的に喋らざるを得ない場を用意することで、

訓練しています。



さすがに

8年以上経営者をやっていると、

何かしら喋れるようにはなりました。



ただ、相手にきちんと伝わるように話せているか

というと、

本当にまだまだ力不足だと痛感しています。




思うに、この

「自分の想いを相手に伝える力」

というは、もちろん、

テクニック的な要素もあるのでしょうけど、

それ以上に、


どれだけ言葉にエネルギーが乗っかっているか


が大事なのではないでしょうか。



まあ、エネルギーとかいうと、

目には見えないし、分かりにくいかもしれませんが、

それでも確かに、

内から満ち溢れてくるものはあって、

むしろそこは誤魔化しがきかない

ような気がします。



これまで数多くの一流・本物と呼ばれる人とお会いし、

お話させていただいた私自身の経験からしても、

確信を持って言えることです。




話の上手い下手よりも、

その人の内にみなぎるエネルギーや気力こそが、

相手に伝わる。



私の場合、

まだまだエネルギーが足りないな〜

と思いますし、このエネルギーは、

年齢と共に枯れていくのではなく、

鍛えれば鍛えるほど、

年齢を重ねれば重ねるほど、

尽きることなく溢れ出てくるもの

だと信じています。



そして、そのためにも、

日々の喋る訓練を欠かさない

のはもちろんのこと、


目の前の課題や困難に

諦めずに向き合い続ける姿勢

こそが大切ではないか。



そのように考えています。


********************************


【本日のまとめ】

■ 自分の想いを相手に伝えるためには、

  テクニック以上に、

  どれだけ言葉にエネルギーが乗っかっているか

  が大事ではないだろうか。

■ エネルギーは、

  鍛えれば鍛えるほど、

  年齢を重ねれば重ねるほど、

  尽きることなく溢れ出てくるもの。



posted by 安野 広明 at 21:48| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする