2019年01月31日

Vol.2264「心のベクトルを自分に向けない限り、“自信”はつかない」


他人と比べたり、

他人との勝負に勝ったりして生まれるのは、

「自信」ではなく「優越感」です。



そして、その本質は、

優越感を得ることによって自分を安心させている

にすぎません。



ただ、当然ながら

上には上がいますので、

優越感だけを追い求めていても

なかなか自信は手に入らず、むしろ、

常に不安や不満を抱えながら過ごす

ことになるでしょう。



そもそも、自信のある人は、

自らの優越感を充たす、もしくは

劣等感を補うために、

自分よりも弱い人を見つけて攻撃したり、

争うようなことはしません。



他人に勝ったり、褒められたりしなくても、

自分で自分の機嫌をとれますし、

いまの自分を認め、受け入ることができる

のです。



「自信がある人ほど謙虚」


と言いますが、この言葉は、

数多くの一流と呼ばれる方々

を拝見してきて、

本当にその通りだと思います。




少し話は変わりますが、

有名な『ウサギとカメの寓話』

に出てくるウサギもカメも、

見方を変えれば劣等感の塊です。



ウサギは、


「もしもしカメよカメさんよ 世界のうちにお前ほど 

 歩みののろい者は無い どうしてそんなにのろいのか」


と、カメをバカにすることによって、

優越感や自己重要感を得ようとしました。



これに対して、カメは、


「なんとおっしゃるウサギさん それならおまえと駆け比べ

 向こうの小山の麓まで どっちが先に駆け着くか」


と、負けず嫌いぶり(=劣等感)を発揮し、

ウサギに勝負を申し込んだのです。



ご承知の通り、

最終的にカメがウサギに勝つ訳ですが、

それによってカメは何を得たのでしょうか?



本当は、ウサギからの挑発に対して、


「そうなんだよね、陸上だとゆっくりしか歩けないんだよね」

「ウサギさんは足が速くて凄いよね」

「でも水中だったら、自分も得意だけどね」


といった感じで回答できたら

良かったのかもしれませんね(笑)。



まあ、それでは寓話にならないのですが・・




それはさておき、結局のところ、

「自信」を手に入れようと思えば、

他人との比較ではなく、

心のベクトルを自分に向けるしかありません。



そして

いまの自分にできる範囲で、精一杯挑戦する。



その中でうまくいったこと、

うまくいかなかったことは、これもまた

自分と向き合う時間をつくって、

自問自答するのです。



そうやって、

少しずつでも自信を身につけることで、

劣等感や優越感(=比較の世界)に振り回されず、


謙虚に、重心低く、我が道を歩いて行けるのが理想


だと考えています。



・・大いなる自戒を込めて。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 優越感だけを追い求めていても

  なかなか自信は手に入らず、むしろ、

  常に不安や不満を抱えながら過ごすことになる。

■ 「自信」を手に入れようと思えば、

  他人との比較ではなく、

  心のベクトルを自分に向けるしかない。

■ 劣等感や優越感(=比較の世界)に振り回されず、

  謙虚に、重心低く、我が道を歩いて行けるのが理想

  ではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 23:46| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

Vol.2263「チャンスをつかむための‶準備”を欠かさない」


仕事をしていて、

チャンスや機会というのは、

予期せぬタイミングで突然やってくるものです。



例えば、私(安野)の場合、

お客様のご紹介はもちろんのこと、

セミナー講師や人前での挨拶、

ちょっとした書き物などを

急に依頼されることがあります。



過去には、

石見智翠館高校様より

1年生のクラスでの講話を、

島根県立西部高等技術校様より

石見地区(益田、浜田、江津の3ヶ所)の

新入社員合同研修会の講師をご依頼いただいたことも・・。



本当に、ありがたいことです。



ただ正直、話す内容は、

自分の専門分野ばかりではございません。



「なぜ自分が!?」

と思うこともあります(笑)。



そんな時でも、これも何かのご縁と思い、

できるだけお引き受けしているのですが、


実は、いつも

話のネタを1から考えるのではなく、

過去に書いたブログの記事から

ネタを引っ張り出すようにしています。



日々ブログを書き続けること自体は

かなり地味なのですが、

過去数年分のストックの中に

何かしら使えるネタはあって、

それなりに(しかも、割と幅広いテーマで)

話しができるのです。



そういう意味では、

ブログを書いて来て良かったな〜

と思いますし、

こうやって日々の思考を書き綴ることが、自分にとって、


いざという時の「準備」にもなっている


と感じます。




まあ、上記は一例に過ぎませんが、

仕事をする中で、


「ここまで頑張れば確実にこのチャンスが得られる」


ということは稀です。



大事なのは、

チャンスや機会がやって来た時に、


それを手に入れる「準備」ができているかどうか?


であり、そしてそのために、


日々をどう過ごしているか?


ではないでしょうか。



日頃から手を抜いていれば、

目の前にチャンスが訪れても手に入りませんし、

もしもそんな状態が続けば、やがて、

チャンスはやってこなくなる

ような気がします。




かくいう私も

まだまだ未熟ではありますが、

いつか訪れるであろう(!?)チャンスに備えて、

これからも地道にコツコツと

人間性と専門性を磨く努力を

積み重ねていこうと思った次第です。


***************************************


【本日のまとめ】

■ チャンスや機会というのは、

  予期せぬタイミングで突然やってくるもの。

■ 大事なのは、

  チャンスや機会がやって来た時に、

  それを手に入れる「準備」ができているかどうか?

  であり、そしてそのために、

  日々をどう過ごしているか?である。



posted by 安野 広明 at 23:23| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

Vol.2262「中小企業は、地域の“小さな灯”を目指す」


以前、経営の師匠から、


「地方のお店(会社)は、

 どんなに過疎化が進んだとしても、

 地域の1人1人を結びつける“縁側”のような存在

 を目指しなさい。


 そして、その地域の元気の中心核となり、

 小さな灯(ともしび)となりなさい。」


といった趣旨のアドバイスを

いただいたことがあります。



また、師匠曰く、


「企業の成長力は、地域の人々を結びつける力に比例する」


のだそうです。



この点、弊社では、

これまでに

毎年恒例の「特別講演会」や「コメディ・クラウン・サーカス」、

毎月の「次世代リーダーの会」など

を通じて、

地域の人々が集まる場だったり、

ご縁が繋がる場を提供してきたつもりですが、


「地域の人々を結びつける」

という意味では、

概ね方向性は間違っていないのかな〜

と(勝手に)思っています。



さらに、師匠のアドバイスを踏まえ、

この度、新たなコミュニティとして、

「人本経営サークル」

なるものを起ち上げました。



当該コミュニティは、

弊社が企画・運営している「人を大切にする経営実践講座」

の参加企業によって形成され、

今後、メンバー間でプチ企業視察等を行い、

切磋琢磨の関係を築いていく予定です。



将来的に、このコミュニティから、

地域の元気を発信できるようになれば・・

と考えています。




とはいえ、弊社の場合、

まだまだ力不足なのが現状(汗)。



お互い、


「このお店(会社)があるから、地域の魅力が増した」


と言われるような、

地域の小さな灯を目指して参りましょう!



・・と、宣言するの巻(笑)。


************************************


【本日のまとめ】

■ 企業の成長力は、

  地域の人々を結びつける力に比例する。

■ 「このお店(会社)があるから、地域の魅力が増した」

  と言われるような、

  地域の小さな灯を目指したいもの。



posted by 安野 広明 at 22:58| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする