2018年12月31日

Vol.2233「人知れず‶闇夜の素振り”を繰り返す」


以前、次世代リーダーの会(*1)でお世話になった

(有)岡むら浪漫の岡村佳明社長から、

努力には2種類あると教わりました(*2)。


*1 http://annokaikei.com/leader


*2 ご参照下さい。
    ↓
Vol.575「講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/article/399666878.html



オモテの努力とウラの努力です。



オモテの努力とは、

「仕事の腕を磨く」ということ。



弊社であれば、

専門的な知識を深める、税制改正について覚える、

接客やコミュニケーションを勉強する等。



お客様からお金をいただく以上は、

その仕事のプロです。



オモテの努力は、

プロであれば不可欠な努力

と言えましょう。



ただし、

オモテの努力だけでは、

技術力や専門性は高まれど、

人間性はなかなか磨かれません。



そこで、

人から見られずとも、誰に認められなくとも

積み重ねるのが、ウラの努力。



それは例えば、

仕事やプライベートを問わず、


靴を揃える、感謝を言葉にする、

素直に人の話を聴く、

手を抜かず整理・整頓・清掃を行う、

挨拶と心を一致させる、ハッキリと返事をする、

誰にでも謙虚に接する等々。



小学生の頃から教わってきたような、

やろうと思えば誰にでもできることばかりですが、

これがなかなか難しい・・



面倒臭がる気持ちとの

せめぎ合いですね(汗)。



しかし

このウラの努力を怠らない人は、

やがて人としての根っこが育まれ、

そこにオモテの努力が重ね合わさった時に、


プロとしての花が咲く


のだと信じています。




ウラの努力とは、


人知れず黙々と繰り返す闇夜の素振り


のようなもの。



私(安野)自身、2019年も、

このウラの努力を疎かにせぬよう、

精進して参ります。



それでは、

よいお年をお迎え下さいませ!


************************************


【本日のまとめ】

■ 努力には、オモテの努力とウラの努力との

  2種類がある。

■ オモテの努力とは、「仕事の腕を磨く」ということ。

  人から見られずとも、誰に認められなくとも

  積み重ねるのが、ウラの努力。

■ ウラの努力を怠らない人は、

  やがて人としての根っこが育まれ、

  そこにオモテの努力が重ね合わさった時に、

  プロとしての花が咲くのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 21:47| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする