2018年12月25日

Vol.2227「反省は、未来に向けて行うもの」


弊社では、

週明けに開催する週礼(←朝礼の長いバージョン)の中で、

社員1人1人から、

先週の「反省点」「良かった点」「共有しておきたい情報」

について発表してもらいます。



中でも、

各自の「反省点」を聞いていると、

(反省すべき点として)捉える(=思いを致す)範囲が

人によって異なり、


発表内容から、その人の根底にある

仕事への向き合い方(=自責か他責か、やる仕事かやらされる仕事か、等)

が伝わってくるようです。



ちなみに

「反省点」というと、

ネガティブに感じられるかもしれませんが、

それは、一般的な反省が、

過去に向けて行われるから

だと思います。



本来、反省とは、


未来に生かすために行うもの


です。



したがって、反省の際、


「〇〇ができませんでした」


みたいな、

過去の事実報告にとどまっては

あまり意味がありません。



それだけでは、

「過去に生きる人」(*)

になりかねませんので・・


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2205「“過去に生きる人”か、“今を生きる人”か」
http://bplan.seesaa.net/article/463041890.html




そこで大切なのは、


「〇〇という反省点を踏まえて、どういうアクションを起こすか?」


を思考し、反省を未来につなげること。



だからこそ、

「反省点」と「改善点」は、

セットでなくてはならない

と考えています。




かくいう私自身、

反省だらけの毎日ですが(汗)、

これからも経営者として

自分の課題の範囲(*)を広く捉えつつ、

反省と改善を繰り返して参る所存です。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2222「どこまでを自らの課題の範囲と捉えるか?」
http://bplan.seesaa.net/archives/20181220-1.html


*************************************


【本日のまとめ】

■ 反省する際、

  「〇〇ができませんでした」

  と、過去の事実報告にとどまっては、

  あまり意味が無い。

■ 大切なのは、

  「〇〇という反省点を踏まえて、どういうアクションを起こすか?」

  を思考し、反省を未来につなげること。




posted by 安野 広明 at 22:20| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする