2018年12月21日

Vol.2223「掃除も経営も、まずは‶整理”がスタート」


弊社の経営計画書には、

「環境整備に関する方針」

として、

「6S(=整理、整頓、清掃、清潔、躾、作法)の徹底」

について書いてあります。



よい習慣を身に付け、

社員の人間性を高め、

社風をよくするためです。



そして、私(安野)が6Sの中で

最も重要だと考えているのが、「整理」。



ここで「整理」とは、


「要る物と要らない物を明確にし、最小必要限度まで、

 要らない物・使わない物を徹底して捨て去ること」


を意味します。



ひと言でいえば、


「捨てる、減らす」


ということ。



この点について、

愛読しているみやざき中央新聞(*)の

今週号の紙面に、

(株)そうじの力の小早祥一郎社長の記事

が掲載されていました。


https://miya-chu.jp/


* みや中の編集長を6月にお招きしました。
       ↓
Vol.2039「昨日の講演会、大盛況に終わりました!」
http://bplan.seesaa.net/article/460091698.html



実は小早さんは、

昨年、とあるご縁で

弊社にお越しいただいたことがあります。


* 当時の様子についてはこちらをご参照下さい。
      ↓
Vol.1660「新たな発見!?“掃除”と“経営”の共通点」
http://bplan.seesaa.net/article/450603696.html



その掃除のスペシャリストの小早さんによると、

大事なのは、

「整理 → 整頓 → 清掃」という掃除の順序であって、


「まず最初に整理から」


なのだそうです。



なぜ、整理が最初かと言うと、

物がぐちゃぐちゃと積んである状態なのに、

その場をきれいにすることは困難だから。



確かに、

一生懸命に掃除してピカピカに磨いた物が

そもそも要らない物だったとしたら、

虚しいですよね・・。



とはいえ、私自身もそうですが、

日本人の大半は、

捨てることに苦手意識を持っています。



したがって、

ある程度強制的に

捨てる必要があるでしょう。




そして、捨てる際の判断基準としては、

「使えるか、使えないか」

ではなく、

「使うか、使わないか」。



使わない物は、

仮に使えるとしても、


「もったいない」という気持ちに囚われずに処分する


のがポイントだそうです。



同様の内容は、

以前も小早さんから教わりましたが、

今回の記事を読んで再確認できたので、

社内の環境整備に生かしたいと思います。




また、

先日のブログ(*)にも書かせていただいたように、

西武信用金庫理事長の落合寛司氏は、

変革期において、


「経営の原点を見極め、

 変えるものと変えないもの、

 無くすものと新しく導入するものを選定する」


ことの重要性を熱く語られました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2221「行動しないことのリスクが大きい時代」
http://bplan.seesaa.net/archives/20181219-1.html



これはまさに、

会社経営における「整理」ではないかと

考えています。



もしも、いままでに

お金と時間をかけてつくり上げた経営資源

であったとしても、

先の時代を見据えた時に

「使わない」ものであれば、

「もったいない」というサンクコスト(=埋没費用)

に囚われることなく、

思い切ってやめる。


(そして、新たな付加価値の創出に注力する)



時代の変化に伴い、

掃除の場面のみならず、

会社経営における「整理」

の重要性が高くなっているな〜

と、つくづく感じる今日この頃です。




・・本日は、

小早さんの記事を読んで思ったことを

書き記してみました。


**********************************


【本日のまとめ】

■ 掃除の順序としては、

  「まず最初に整理から」が正しい。

■ 整理する際の判断基準は、

  「使えるか、使えないか」ではなく、

  「使うか、使わないか」。

■ 時代の変化に伴い、

  会社経営における「整理」の重要性が高くなっている

  のではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 23:47| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする