2018年12月07日

Vol.2209「幸福度は、‶仕事”と‶プライベート”のオーバーラップによって高まる!?」


ご承知の通り、最近では、

「働き方改革」や「ワークライフバランス」

などといったかけ声の下、

仕事とプライベートを切り分けて考える

傾向にあります。



もちろん、それによって

長時間労働が是正されるのはよいこと

なのですが、とはいえ、


「プライベートさえよければ・・」


みたいな捉え方には、正直、

違和感を覚えます。



そもそも、

仕事とプライベートは、

完全に切り分けられるのでしょうか?



極端な例で言えば、

仕事で窓際族のように扱われている人が

プライベートだけ充実するとは思えないし、


プライベートで家庭崩壊している人が、

仕事で力を発揮できるとは思えません。



仕事とプライベートとは表裏一体、

それぞれの充実感が、


トータルで人生の幸福度に影響する


のです。



そして、

そんなふうに突き詰めていくと、

オンとオフをはっきりとさせ、

プライベートの時間なんだから仕事のことは一切考えたくない

という発想の人よりも、


オンとオフの線引きが

どちらかというと曖昧で、

プライベートの時間であっても、

つい仕事のことを頭に浮かべてしまうような人

の方が、


人生の幸福度が高いのかな〜

なんて思っています。



ちなみに、ここでいう仕事とは、

決して、義務や強制ではなく、

例えば、


「次回お客様に会った時にこの情報を伝えたら、喜んでもらえるかもしれないな〜」

とか

「今度メンバーに、この本で読んだ内容をアドバイスしてみよう」


みたいなことを、

オンオフ関係なく、無意識のうちに、

ワクワクしながらイメージする感じ。



「楽しみながら働く」


というか、


「仕事とプライベートがオーバーラップしている」


というか・・。




まあ、まだ自分の中でも

明確な結論が出ている訳ではありませんが、


少なくとも、もともと

オンとオフの線引きの無い経営者は、

常にトータルで幸福度が高まるよう

努力しなければならないのでしょう。



そんなことを考えました。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 仕事とプライベートとは表裏一体。

  それぞれの充実感が、

  トータルで人生の幸福度に影響する。

■ 仕事とプライベートとは

  オーバーラップしている!?



posted by 安野 広明 at 22:09| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする