2018年12月06日

Vol.2208「目標(=ビジョン、未来像)と意思決定の関係性について」


世の中には、

何をするにも意思決定や行動が早く、しかもブレない人

がいらっしゃるものです。



私(安野)は、そんな人たちに

憧れの念を抱きつつも、

行動力が足りない自分と比べて何が違うのか?

とよく考えるのですが、

それはやはり、


「こうありたい」という明確な目標(=ビジョン、未来像)


を持っているかどうかの違い

だと感じます。



そもそも、目指したい先が無ければ、

どこへ向かうための意思決定

なのでしょうか。



もちろん、そのビジョンが、

利己的な内容に終始しているとすれば、

それはどうかと思います。



というか、

「自分以外の誰かのため」という

利他的な要素の全く無いビジョンでは、

いくらその人に行動力があったとしても、

やがて行き詰まるはずです。



したがって、

どのような内容を目標に掲げるのか?

といった論点はあるのですが、

まあ、それはそれとして、まずは


「こうありたい」というビジョンを明確にすること


が、意思決定や行動のスタートではないか、

そのように考えています。




例えば、弊社では、

中小企業の経営サポート業として、


「たくさんのありがとうを集め、日本の中小企業を元気にすること」


というビジョンを掲げています。



そこが明確になっているからこそ、

「人を大切にする経営実践講座」(*)

という企画の意思決定や実践

ができましたし、

現在、来年の企画についても考案中です。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/keieijissen_20180319.pdf

* ご感想はこちら → http://annokaikei.com/wp-content/uploads/kaikeijissen_kansou.pdf



まあ、私の場合は、

まだまだ行動が遅いのですが(汗)、

それでも、ビジョンを明確にしていなければ、

少なくとも上記の企画は

生まれなかったと思います。




そして、このことは、

会社のみならず個人でも同じ。



個人としての目標、ビジョン、未来像

といった「将来のありたい姿」を明確にイメージして、

常日頃、それを忘れないよう意識するだけで、

自らの意思決定や行動パターンは変わってくる

のではないでしょうか。



・・自戒を込めて。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 意思決定や行動が早い人は、

  「こうありたい」という明確な目標(=ビジョン、未来像)

  を持っているもの。

■ 個人としての目標、ビジョン、未来像

  といった「将来のありたい姿」を明確にイメージして、

  常日頃、それを忘れないよう意識するだけで、

  自らの意思決定や行動パターンは変わってくる

  のではないだろうか。




posted by 安野 広明 at 19:05| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする