2018年12月04日

Vol.2206「手離れのよさが、生産性アップを生み出す」


職業柄、

私(安野)はもともと

職人気質なところがあって、

サラリーマン時代は

1人で黙々と作業したり、調べ物をする

タイプでした。



周りから関与されたり

周囲のペースに合わせるのは苦手で、

「放っておいて欲しい」という感じ。



いま考えると、

かなり自己中だったような気がします。



ただ、そんな私も、

経営者という立場になったのを機に、

いままで通りのやり方を見直しました。



なぜなら、

経営者が完全な職人になってしまうと、

仕事が回らないから。



ただでさえやることだらけなのに、

自分1人で抱え込むと、

新たな取り組みができません。



会社の将来のための手が

打てないのです。



そこで、経営者になってからは、

「仕事の手離れのよさ」を

意識するようになりました。



つまり、

できるだけ自分では球(=仕事)を持たず、

自分以外の人でもできることは、

次から次へと球を投げたのです。



受け取った人は、

大変だったかもしれませんけど(汗)。



もちろん

そのまま丸投げするのではなく、

相手が球を受け取りやすいように

ある程度まで事前準備は行います。



その準備にだらだらと時間をかけると

球が溜まってしまうので、

準備までは前倒しで取り掛かり、

できたら速やかに球を相手に渡し、

自分で抱え込まないようにする。



そうやって、

自分の中の可処分時間が増えた分、

新たな取組みを企画したり、

自分にしかできないことに時間を費やしたりなど、


完全なる職人だった以前に比べ、

経営者としての役割を

多少なりとも果たせるようになりました。



結果、

(少なくとも私の中では、)

業務がスムーズに流れるようになった気がします。




そして、これは必ずしも、

私が経営者だから実現できた

とは思っていません。



社内メンバー同士でも、対お客様でも、

それぞれの役割の中で、

お互いが球を抱え込まず、

キャッチボールがスムーズにいくよう心がけることで、

必然的に、

社内の無駄な時間(=だらだら時間、手待ち時間)が削減され、

会社全体としての生産性がアップする

のではないでしょうか。



もちろん、

球を次の人に渡す際、

事前準備まではその人の責任

ですので、

そこで手を抜いてはいけない

のは言うまでもありませんが。




自らの実体験から、

そんなことを考えました。



・・いつも私からの変化球(!?)を

受け取ってもらっている社員の皆さんには、

感謝です!


*********************************


【本日のまとめ】

■ それぞれの役割の中で、

  お互いが球を抱え込まず、

  キャッチボールがスムーズにいくよう心がけることで、

  必然的に、会社全体としての生産性がアップするはず。





posted by 安野 広明 at 23:03| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする