2018年12月03日

Vol.2205「“過去に生きる人”か、“今を生きる人”か」


いつまでも過去の出来事にとらわれて、

未来に希望を持たず、漫然と

昨日やったことを今日もやり、

今日やったことを明日も繰り返す・・



もしも、そんな


「過去に生きる人」


になってしまうと、その人には

人間的魅力を感じられなくなる

ような気がしています。



とりわけ、会社の経営者が

「過去に生きる人」

になるのは、非常に危険です。



人望を集められないばかりか、

行き当たりばったりの成り行き経営で、

メンバーを誤った方向へと

導きかねません・・。




過去の出来事を引きずるのではなく、

未来に希望を持ち、


「今を生きる人」


でありたいと、

強く願っています。




本日は、短めで。


********************************


【本日のまとめ】

■ 「過去に生きる人」には、

  人間的魅力を感じられない!?

■ 未来に希望を持ち、

  「今を生きる人」でありたいもの。




posted by 安野 広明 at 22:01| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする