2018年10月19日

Vol.2160「人生はいつでも、“白い心”と“黒い心”のせめぎ合い」


聖人君子でもない限り、

誰にでも、心の中に

光と闇があるものです。



それを

白い心(=光)と黒い心(=闇)

だとしましょう。



もちろん、

私(安野)の中にも、

白あんのと黒あんのみたいなのがいます。


(なんだか和菓子みたいですけど・・)



例えば、

朝、目覚ましをセットした時間にいったん目が覚め、

「よし、起きよう!」

という白い心が40%あったとしても、


「いやまて、最近疲れ気味だし、もう少しいいんじゃないか?」

という黒い心が60%を占めれば、

黒あんのの勝ち。



二度寝をしてしまいます(笑)。



また、

落ちているゴミを見た時に、

「誰も見てないし、そのうち誰かが拾うだろう」

という黒い心が30%あっても、


「このまま見て見ぬふりをするのは、なんだか気持ち悪い」

という白い心が70%であれば、

白あんのの勝ち。



拾って捨てるという

行動を起こすことができます。



このように、

どちらかが100%ではなく、常に、

白い心と黒い心のせめぎ合いの中で、

一瞬一瞬、自分で選択しているのです。



そして、その意思決定の連続が、

QOL(=人生や生活の質)に影響することになります。




そういう意味では、

1日を振り返った時に、


「今日は、白の勝ち(=全体的に白い心の勝率が高い)だな」、


とか、


「今日は黒に負けたけど、明日は勝てるようにしよう」


みたいな感じで、

自分の弱い心も受け入れつつ、

ゲーム感覚でQOLを向上させていく

といった発想も、ありかもしれません。



どちらも正真正銘の自分

なのですから・・。




ふと、そんなことを考えました。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 人は、白い心と黒い心のせめぎ合いの中で、

  一瞬一瞬、自分で意思決定しており、

  その連続が、QOLにも影響する。

■ 黒い心を否定するのではなく、

  そんな自分も受け入れつつ、

  ゲーム感覚で勝率が上がるよう努めてみては

  どうだろうか。




posted by 安野 広明 at 22:05| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする