2018年10月25日

Vol.2166「“なりたくない自分”のイメージを持っておく」


昨日は

「次世代リーダーの会」(*)を開催。


http://annokaikei.com/leader



今回も、新しい参加者がお越し下さいました。



当会を継続していなければ

繋がらなかったであろうご縁に、感謝です!




嬉しかったのは、

前回、初めてご参加下さった方(Kさん)が、


「この会で紹介された本を、早速、本屋に寄って購入し、

 読み始めたら止まらなくなって、朝方までかけて

 一晩で読み切ってしまった。


 翌日、別の本も買い、

 これも一日で読破した。」


「行動量が増えて、この1ヵ月はとても充実していた」


といったニュアンスの話をされたこと。



「次世代リーダーの会」という「場の力」が、

参加者の行動を後押しする上で

多少なりともお役に立てているとすれば、

主催者冥利に尽きます!


**********************************


実は、上記のKさんは、

この1ヶ月間の行動の中で、


「この人のようになりたい」


と思える人との出会いがあったのだとか。



つまり、いまのご自身にとっての

理想の姿を見つけた訳です。



私(安野)も経験がありますが、

こういった出会いは、間違いなく、

人が大きく変わるきっかけになるはず。



これぞ、

アウトプット(=行動)の賜物ですね。




ちなみに、私の場合、


「こういうふうになりたい」


といった理想の姿と共に、


「こうはなりたくない」


という少しネガティブなイメージを、

あえて持つようにしています。



イメージとしてはいくつかあるのですが、

中でもトップに君臨するのは、


「自分は安全地帯にいながら、

 他人を批判・攻撃する人間にだけはなりたくない」


というもの。



他人の言動に対して

(別に実害を受けていないにもかかわらず、)

心無い言葉を直接的または間接的に投げかけ、

自己満足する。



でも、自分自身は、

組織に守られているか、自ら行動を起こすことをせず、

なんらリスクを背負っていない。



もしも「じゃあ、あなたはどうなんですか?」と、

矛先が自分に向けられると、

あたかも指でつつかれたヤドカリの如く、

殻の中に引っ込んでしまう・・

みたいな感じでしょうか(笑)。



ネットの書き込みなんかもそうですが、

アドバイスならまだしも、

単なる自己満足による誹謗中傷は、

相手の可能性を潰すだけで、

何も生み出しません。



自分は安全地帯にいながら

そういうことをするのは、

大人気ないというか、格好悪いな〜

と思っています。


(まあ、大半の人は、

 表面的かつ断片的な情報だけで

 思い込んでいるだけなのでしょうけど・・)




そして、そうやって

「なりたくない自分」のイメージ

を強く持っておくことは、


自分自身が相手に対して

思わず(心無い言葉を)言ってしまいそうになった時の

制御機能を果たしますし、何より、

(スターウォーズ風に言うと 笑)


ダークサイドに堕ちそうになる(=負の感情に囚われそうになる)

のを、

ライトサイドに引き戻してくれる(=軌道修正する)働きがある

と考えています。




「なりたいイメージ」



「なりたくないイメージ」

とを、

併せ持っておくのもよいかもしれません。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 「なりたくない自分」のイメージ

  を強く持っておくことは、

  自分自身がそうなってしまいそうな時の

  制御機能を果たす。

■ 「こういうふうでありたい」

  という理想の姿と共に、

  「こうはなりたくない」

  という、少しネガティブなイメージを

  あえて持つようにしてはどうだろうか。







posted by 安野 広明 at 22:15| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

Vol.2165「‶継続力”が勝敗を分ける」


先日、都内の行きつけの本屋で

それとなく手にした本が、こちら。


『行列日本一 スタミナ苑の繁盛哲学』(豊島雅信 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4847097149/



なんだか見覚えのある人が

表紙に載っているな〜と思い、

パラパラめくっていると、

スタミナ苑という焼き肉屋の店主であることが分かりました。

(まあ、本の題名に思いっきり書いてあったのですが・・)



実は、東京の監査法人時代に、

食通のK先輩に連れられて、

2回ほど訪れたことがあるお店です。



かれこれ15年くらい前にはなりますが、

ちょっと辺鄙な場所にあるので

赤羽駅からタクシーを使って行ったことや、

1時間以上行列に並んだことや、

ホルモンの美味しさに衝撃を受けたことなど、

いまでもけっこう鮮明に覚えています。



当時は、K先輩がそこの常連でした(←毎週のように通っていた)ので、

店主とも少しお話ができ、

そのお陰もあって、本の表紙を見た時に

「あれっ?」と思った次第。



それにしても、スタミナ苑さんが、

これほど有名なお店とは知りませんでした(すいません!)。



2018年のグルメの口コミサイト「食べログ」では、

全国の名だたる名店の中で1番に選ばれ、

また、予約を取らない(特別扱いはしない)こともあって、

「総理大臣も並んだ」

「開店2時間前から行列ができる」

と言われているのだとか。



まさに、日本一の焼き肉屋ですね。



そんなスタミナ苑の店主の言葉が、

同著には20の金言として紹介されており、

そこには、

中小零細企業が見本とすべき考え方や姿勢が

盛りだくさん入っていました。



中でも、私(安野)が感銘を受けたのは、


「当たり前のことを当たり前に続ける」


のところ。



(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どこかに評判のいい焼き肉屋があったとする。

うちはこんな小さな店だし、1日の勝負だったら負けるかもしれない。


でも、1週間の勝負だったら絶対に負けない。

いいものを出し続ける自信がある。


毎日同じことを、当たり前のことを続ける。ただそれだけ。

だけど、それが難しいんだ。



 ー中略−



忙しい時こそ、いつも以上にきっちり仕事をする。

人間って不思議なもんで、暇な時のほうが

手を抜いて楽なほうに行きたがるんだ。


その反対に、忙しくなると手を抜かなくなる。


遊んだっていいんだよ。でもこれだけは言える。

忙しい時ほど楽しい。

体が辛くても、忙しい時のほうが仕事が面白くなるから。


だから、忙しい時こそ、

自分が上に行くチャンスだと思うんだ。


そこでの振る舞いがさ、その後を分けるんじゃないのかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)



店主がおっしゃるように、


「毎日同じことを、当たり前のことを続ける。ただそれだけ。

 だけど、それが難しいんだ」


というのは、

どんな仕事でも同じではないでしょうか。



そして、その時に、

手を抜かず、惰性にならず、

お客様に飽きられないよう、

より価値を感じていただけるように、

創意工夫をこらしながら継続している

一部の会社(またはお店)だけが、

スタミナ苑さんのようなキラリと光る存在(=15年経っても忘れないレベル)になれる

と考えています。



言い換えれば、

「継続力」が勝敗を分けるということ。



中小零細企業は、

長期戦で勝てばよいのです。




弊社においても、

毎月のお客様への月次決算の説明などが

マンネリにならぬよう気を付けなければ・・

と、意を新たにしました。




本日は、備忘録を兼ねて。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 中小零細企業は、

  長期戦で勝てばよく、

  それ故に「継続力」が勝敗を分ける。






posted by 安野 広明 at 23:50| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

Vol.2164「“もう1人の自分”を意識していますか?」


昨日は

東京への日帰り弾丸(!)出張で、

S・Yワークス様主催のセミナーに参加。



日帰りだと

ほぼ移動時間に費やされるものの、


移動中は音声によるインプット&読書タイムになりますし、

セミナーでは上質な学びや気付きが得られましたし、

何より、来年に向けた具体的なアクション(←内容は未公開)

を起こすことができ、充実の一日でした!




昨日のゲスト講師は、

作家・石川真理子先生。



厳格な武家の娘として躾を受けた祖母と暮らし、

「人として、女性としての心得」を

女子の武士道として伝えるところから

石川先生の活動は始まり、

現在では、武家の生活文化を独自に学び、

経営に直結する武士道の執筆や講演活動をされています。


<おすすめ本>

『女子の武士道』(石川真理子 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/480091048X/


『仕事で活かす武士道』(石川真理子 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4862573665/



ご講演内容も素晴らしかったのですが、

個人的には、

質疑応答の中で出てきたお話の中に

ハッとさせられるところがありました。



以下に、

その一部を書き記します。




石川先生が、

祖母からの躾でまず思い出すのは、


▼ 背筋をいつでも伸ばしていること



▼ 決して暗い顔をしないこと


だそうです。



とりわけ

暗い顔をしていると、

「鏡を見て来なさい」

と、厳しく叱られました。



鏡は、そこに自分の姿が映るため、

「鏡を見させる」という指導には、


「常に自分を見つめる目を持ちなさい」


という意味があります。



そうやって自分の姿を見る習慣がつくと、やがて、

背中が曲がっているとか

表情が暗くなっているということを、

鏡を見なくても自分で分かるようになる

のだとか。



つまり、

常に自分を見つめ、自分がどういう状態かを把握する、


「もう一人の自分」


のようなものができてくるのです。



そして、このことは、

背筋や表情といった外見のみならず、

心の様相についても同じ。



人の心は常に移り変わるものですが、

いま、自分の心がどういう状態にあるかを

「もう1人の自分」がしっかりと見つめて、

その都度、修正しながら毎日を過ごすのが基本

だとおっしゃっていました。



当然、仕事にも通ずる話

だと思います。




ちなみに、弊社では、

(私を含む)全メンバーの机の上に

卓上鏡を置いており、

いつでも自分の表情が見れるようになっています。



もともとは

他のメンバーやお客様から

自分がどのように見えているのかを知り、

自分の表情を磨くことが目的だったのですが、


常に自分を見つめるこのやりかたは、

「もう1人の自分」をつくり出す上でも

理にかなっていたのですね。



新たな発見です(笑)。




・・常に自分を見つめる

「もう1人の自分」

を、意識していますか?


**********************************


【本日のまとめ】

■ 鏡で自分の姿を見る習慣が身に付くと、

  「もう一人の自分」のようなものができてくる。

■ いま、自分の心がどういう状態にあるかを

  「もう1人の自分」がしっかりと見つめて、

  その都度、修正しながら毎日を過ごすのが基本(とのこと)。




posted by 安野 広明 at 22:43| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする