2018年10月28日

Vol.2169「最初のズレが、大きなズレを招く」


例えば

折り紙で何かを折る時、

最初の折り目からぴったり折っていかないと、

そのうち、合わせ目がズレてくるものです。



そのまま折り続けることもできますが、

最終的な仕上がりは

不格好になるでしょう。



それが「折り鶴」であれば、

顔の部分がぐちゃっとなるかもしれませんし、

「紙飛行機」であれば、

全体のバランスが崩れ、うまく飛ばないかもしれません。



最初のほんの少しのズレが、

最終的には大きなズレを招き、

「きれいに仕上げる」という

本来の目的(または理想の姿)を果たせなくなる

のです。




そしてこのことは、

会社に置き換えても同じ。



会社において肝心要となるのは、

「何のためにこの会社で働くのか?」

といったビジョンや理念ですが、


そういった「想い」の部分で

社内のメンバーにズレ(=最初のズレ)があるとすれば、

それはやがて、

社員の個別具体的な行動のズレ(=大きなズレ)

を招きます。



結果的に、

会社としての「まとまり」や「一貫性」は無くなり、

当然、成果も上がらないでしょう。




ちなみに、

サイズの小さい折り紙であるほど

折り目が合わないことの影響が

顕著に現れるのと同様、


規模の小さい中小零細企業ほど、

「想い」のズレによる影響は

大きくなるはず。



だからこそ、

中小企業における

理念教育や理念採用はめちゃくちゃ重要ですし、


「想い」のズレが生じないよう、

日々、価値観を共有できる仕組み(=経営計画書やクレド等)

が必要だと考えています。


**********************************


【本日のまとめ】

■ 「想い」の部分で

  社内のメンバーにズレ(=最初のズレ)があるとすれば、

  それはやがて、

  社員の個別具体的な行動のズレ(=大きなズレ)を招く。

■ 「想い」のズレが生じないよう、

  日々、価値観を共有できる仕組み(=経営計画書やクレド等)

  が必要ではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 19:11| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

Vol.2168「‶見えない部分”を想像することで、関係性が築ける」


どんなモノでも

角度を変えれば見え方が変わる

のと同様に、


人や物事の見え方は、

見る側の、いまいる角度(=立場や役割)によって

それぞれ異なります。



例えば、

経営者か従業員かによって

職場における見え方は変わりますし、


社内の人か社外の人かによって

その会社の見え方は変わるでしょう。



また、

企画の主催者か参加者によって、

そのイベントの見え方も全く変わるはずです。



このこと自体は、

見ている角度が違うのだから仕方ない

と思います。



ただ同時に、

一面しか見えていないにもかかわらず、

その限られた情報をもとに、


「あの人は〇〇だ・・」

とか

「あの会社は〇〇だ・・」

とか

「あのイベントは〇〇だ・・」

などとレッテルを貼り、


ポジティブならまだしも、

ネガティブな口コミ・評判を流す人が多い

と感じるのは、とても残念です。




実際には、誰しも、

いまの角度からは見えないところで

陰ながらに努力したり苦労したり

しているもの。



そういったことを、


「自分の角度から見えない(=自分はその立場にない)ので分からない」


と思考停止するのではなく、

全方位は見えないにしても、

多少なりとも見えない部分を想像し、


その対象を知ろうとする努力


が必要ではないでしょうか。



その上で、

意見するのならいいと思います。




・・立場や役割は異なれど、

お互いがそういうスタンスで接することができれば、

よりよい関係性を築けるのでしょうね。



そんなことを考えました。


*******************************


【本日のまとめ】

■ 人や物事の見え方は、

  見る側の、いまいる角度(=立場や役割)によって

  それぞれ異なるもの。

■ 「自分の角度から見えない(=自分はその立場にない)ので分からない」

  と思考停止するのではなく、

  多少なりとも自分が見えない部分を想像し、

  その対象を知ろうとする努力が必要ではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 20:13| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

Vol.2167「伝えるために意識したい、‶回数”×‶質”」


昨日の夜は、

益田木鶏クラブ(=『月刊致知』を用いた地域の勉強会)を開催。



来月16日の5周年記念講演会(*)

の集客がまだまだですので、

そちらも頑張らねば・・(汗)


* ご参照下さい → http://annokaikei.com/news/1584


********************************


ご承知の通り、

「伝える」と「伝わる」とは

まったく異なります。



いくら本人が伝えたつもりでも、

相手に伝わっていなければ

意味を為しません。



伝える側には、

伝わるまで伝える責務がある

と言えましょう。




そして、「伝える」といった時に

ポイントとなるのが、

「回数」 ×「 質」です。



過去のエントリ(*)にも書かせていただいたように、

(社内のメンバーに自分の想いを伝える場合の)

「回数」に関しては、


最低100回、それでもダメなら101回、102回と積み重ねていく


くらいの覚悟を持っておいた方がよい

と思っています。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2149「伝えるために、100回は繰り返す覚悟を持つ」
http://bplan.seesaa.net/article/462060052.html



また、「質」を高めるために磨くべきは、

「表現力」です。



直球ストレートで難しければ、

相手に伝わりやすい表現を考え、

時には例え話や比喩も交えながら、

伝えなければなりません。



そのためにも、

伝える側の人間は、


本を読んだり、一流の人の話を聞いたり、

人前で話したり、文章を書いたり・・

といった

インプットとアウトプットを繰り返す中で、

自らの「表現力」を高める必要がある

のです。



ちなみに、個人的には、

「文章を書く」という訓練が、

「表現力」を磨くには最も効果的であり、


だからこそ、お客様には、

経営計画書の方針書の作成(=方針の文章化)

を強くおすすめしていますし、


私(安野)自身、

自社の経営計画書の作成はもちろんのこと、

こうして毎日ブログを書くことで

訓練しているつもり。



まあ、私の場合、

まだまだ質が低く、

社員さんにはなかなか伝わらないのですが・・。




本日は、

伝わるまで伝えるために

「回数」 ×「 質」を意識してみてはいかがでしょう、

という話でした。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 伝わるまで伝えるためにポイントとなるのが、

  「回数」 ×「 質」である。

■ 伝える側の人間は、

  本を読んだり、一流の人の話を聞いたり、

  人前で話したり、文章を書いたり・・といった

  インプットとアウトプットを繰り返す中で、

  自らの「表現力」を高めなければならない。




posted by 安野 広明 at 20:52| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする