2018年10月31日

Vol.2172「空白の未来を、何で埋めていますか?」


昨日は、

江津商工会議所様にて

セミナー講師をつとめました。



お忙しい中、事務局を含め

20名超の方々がご参加下さり、

「増税に負けない企業づくり」

というテーマで2時間。



多少なりともお役に立てたなら、

嬉しく思います!



当日の様子
  ↓

IMG_0368.JPG


************************************


誰にとっても未来は空白であり、

まだ何も決まっていません。



そして、その空白を、

「希望」で埋める人は「挑戦」し続けますし、

「不安」で埋める人は「安定」を求めます。



世の中に安定思考の人が多い

と感じるのは、

「AI(人工知能)に仕事を奪われる」

とか

「人口減少による地方消滅」

とか

「老後破産」

などといった、

不安を掻き立てるようなニュース

に触れる機会が増え、

空白を「不安」で埋めていらっしゃるから

でしょうか。



まあ、


「最悪を想定して最善を尽くす」


という意味では、

将来起こり得る不安要素を把握しておく

必要はあると思いますし、


「挑戦」と「安定」、

どちらの人生を選ぶのも

その人の自由です。



ただ、「安定」の恐ろしいところは、

いつの間にか「依存」にすり替わるリスクが高い

ということ。



それは、組織への依存だったり、

家族・知人への依存だったり・・。



また、何かに依存している人は、

自分が失敗した時、

会社や周りの人のせいにする(=他責)

傾向にあります。



誰だって、そういう人とは、

あまり一緒に働きたくないはず。



ですので、

依存心の強い人は、

「人材」から「人在」へ、そして最悪、

「人罪」(!)となってしまうかもしれません(汗)。



これに対して、

空白の未来を「希望」で埋め、「挑戦」している人は、

失敗した時、自らに責任を求め(=自責)、

さらなる成長の糧にできます。



大きな組織に所属していても、

昨日の自分よりも成長しようと

挑戦し続けている人はいますし、

そういう人は、どこへ行っても通用する「人財」

となるでしょう。




そのように考えると、

空白の未来を「希望」と「不安」のどちらで埋めるかは、

(少し極端な言い方ではありますが、)

「人財」と「人罪」、

どちらの道を歩むかの分岐点になる

とも言えます。



少なくとも私(安野)自身は、

未来を「希望」で埋め、「挑戦」する人生を歩みたい、

周りの人から必要とされる「人財」になりたい、

と強く願いますし、


そのためにも、

ワクワクするような未来のイメージを

言葉にして書き出し、

常日頃、それを目にすることが重要

だと思っています。



ちなみに、経営の現場においては、

経営計画書(*)の中にある「(会社や社員や事業の)未来像」が

その役割を果たしており、


「未来像」という「希望」があるからこそ、

会社経営においても

挑戦する気持ちを継続できている

というのが、

自らの経験に基づく考えです。


http://annokaikei.com/plan




・・空白の未来を、何で埋めていますか?


***********************************


【本日のまとめ】

■ 空白の未来を、

  「希望」で埋める人は「挑戦」し続けるし、

  「不安」で埋める人は「安定」を求める。

■ 「希望」と「不安」のどちらで埋めるかは、

  「人財」と「人罪」、どちらの道を歩むかの分岐点でもある。

■ ワクワクするような未来のイメージを

  言葉にして書き出し、

  常日頃、それを目にすることで、

  未来を「希望」で埋めてみてはどうだろうか。



posted by 安野 広明 at 22:43| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

Vol.2171「“どんな意味があるのだろうか?”は、魔法のフレーズ」


物事が思い通りに行かなかったり、

不足の事態が起こったり、

苦手な人が現われたり、

言われのない批判を受けたりすると、

誰しも、

「なんで自分がこんな目に・・」

と落ち込むものです。



色々なことにチャレンジしている人ほど、

そういった壁に直面する確率は

高くなるでしょう。



そして、そんな時こそ、

自身の真価を問われる訳ですが、

とはいえ、感情に委ねてしまうと、

いつまで経っても

負の連鎖から抜け出せない可能性があります。



そこで、おすすめするのが、

予め言葉を用意しておくこと。



過去のエントリ(*)では、

「だからこそ」

を口癖にしてはどうか

と書かせていただきました。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.721「“だからこそ”を口癖にしてみる」
http://bplan.seesaa.net/article/408686427.html



最近、個人的に気に入っているのは、

(世の中に無意味なことは無いとすれば、)


「この出来事(人)は自分に何を教えてくれようとしているのか?」


「どんな意味があるのだろうか?」


という言葉。



自分にこの問いかけをしただけで、

「不平・不満・怒り・嘆き」

といった思考モードから、


「何かをつかみ取ろう」


とする思考モードに切り替わるから

不思議です。




「泥の中の蓮」


ではありませんが、

どんなに困難な状況下でも、


「何かをつかみ取ろう」


という気持ちさえあれば、

それらはすべて成長の糧に変えられるもの。



そのための

魔法のフレーズが、


「どんな意味があるのだろうか?」


なのです。




・・何かのご参考までに。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 負の感情の連鎖から抜け出すためにおすすめするのが、

  予め言葉を用意しておくこと。

■ 「どんな意味があるのだろうか?」

  は、魔法のフレーズである。




posted by 安野 広明 at 21:27| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

Vol.2170「【明日開催!】江津商工会議所様にてセミナー講師をつとめます(再)」


以下のセミナー、

明日が開催日となります。


http://www.iwami.or.jp/gotsucci/posts/news78.html



▼ 「会計」を「家計」に置き換えてみる

▼ 借入の本質とは?

▼ 恐ろしい、値引きのメカニズム

▼ 売上と利益の関係性について

▼ どこに手を打てば利益が出るのか?

▼ 単価や数量アップのための施策あれこれ

▼ 必要売上高を算定する際のポイント


などといった内容を、

事例を盛り込みながら、

できるだけ分かりやすく、楽しく(笑)

お伝えする予定です。



よろしければ、ぜひご参加下さいませ!



posted by 安野 広明 at 13:01| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする