2018年10月17日

Vol.2158「2兆円企業のリーダーから学んだこと」


昨日は

致知出版社主催の「徳望塾」に参加。



かれこれ6年目(!)になるのですが、

引き続き、学ばせていただいてます。




今回のゲスト講師は、

東京急行電鉄の野本弘文会長。



ここ数年、

二子玉川や渋谷の再開発でも注目を浴びている

東急グループのトップです。



グループの総売上は2兆円超と、

あまりに規模が大きすぎるので、

「どこまで(自分にとって)参考になるだろうか?」

という懸念もありましたが(汗)、


お話し自体はいたってシンプルで、

中小零細企業にも生かせる内容ばかりでした。



以下、学びの一部を書き記します。


▼ 会社は何のために存在するのか? → 社内に役立つことを事業化し、継続する

▼ 楽しいところに人は集まる

▼ 仕事をする上で大事なのは、「何が正しいか」ということ

▼ 一番大切なのは、既存の顧客やファンの方々

▼ 人間は怒り続けることができない → クレームは、我慢や忍耐で受け止めること

▼ 目標設定と評価を結びつけると弊害が出る

▼ 責任を追及するのではなく、原因を追求する

▼ 常に意識しておくべき7つの違い

 1.任せること と 放任すること

 2.知っていること と できること

 3.正しくやること と 正しいことをやること

 4.手段 と 目的

 5.部分最適の集合体 と 全体最適

 6.伝えた と 伝わった

 7.知識 と 知恵

▼ 経営者に求められる3つの資質

 1.将来ビジョンを示す構想力

 2.正しい方向を見つける判断力・決断力

 3.リスクに対する事前・事後の対応力

▼ 経営者としての7つの心得

 1.正しい議論をするために数字を分かりやすくする

 2.常に誰が何をいつまでにやるかを意識する

 3.上の人は判断基準を持つこと

 4.対策はすぐやること

 5.目先とビジョンを持たなければならない

 6.活人化・・人を活かすことこそ大事

 7.ブランドイメージは継続させなければイメージダウンになる

▼ 大切にしている3つの言葉

 1.夢と志

 2.素直さと行動力

 3.和して同ぜず

▼ 行動しないと経験にはならないし、想像力もつかない

▼ 世の中は「新旧一如」

▼ 物事を判断するケジメは、「真」「善」「美」

▼ 社内の文化を変えるのに10年はかかる


などなど




全体としては、野本会長が、

とても物腰の柔らかい感じでお話されていたこと

と、

相手(=われわれ)に伝わるよう

言葉を選びながらお話される姿


が印象に残りました。



改めて、

リーダーのタイプは様々であると

教えられた気がします。



野本会長、ありがとうございました!




本日は、備忘録ということで。





posted by 安野 広明 at 22:27| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

Vol.2157「あと1ヶ月!益田木鶏クラブ5周年記念講演会のご案内(再)」


弊社が事務局をつとめる

益田木鶏クラブ(=『月刊致知』を用いた地域の勉強会)主催で、

丁度1か月後の【11月16日(金)18:30〜】

に講演会を開催します。



益田木鶏クラブ発足から丸5年が経ち、

5周年記念として企画いたしました。



講師には、「博多の歴女」こと、

白駒妃登美(しらこまひとみ)先生をお招きし、


「歴史が教えてくれる日本人の生き方」


というテーマでご講演いただきます。


<おすすめ本>

『幸せの神様に愛される生き方』(白駒妃登美 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4594078265/


『なでしこ歴史物語』(白駒妃登美 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4896392639/


『勇気をくれる日本史 誰も知らない偉人伝』(白駒妃登美 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4041066689/



白駒先生には、以前、

「次世代リーダーの会」が主催する

「Next MASUDA ともしびプロジェクト」

で講師をおつとめいただいたことがあります。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1300「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/article/438879068.html



また、先日の、

境野勝悟先生の特別講演会(*)にも、

受講のためにお越し下さいました。

(境野先生は白駒先生のお師匠さんだそうです)


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2126「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180915-1.html



久しぶりにお話しましたが、

白駒先生、

ますますパワーアップされています(笑)。



これは11月のご講演が楽しみです!




どなたでもご参加いただけますので、

ぜひ、お誘い合わせの上、

ご参加下さいませ!



よろしくお願いします!!




*詳細は、以下の通り。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/mokkei_kouen.pdf




posted by 安野 広明 at 08:20| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

Vol.2156「アウトプットの習慣化は、人生を豊かにする」


アウトプットを習慣化していると、


「どんな出来事でもネタになる」


というメリットがあります。



それは、

ネガティブな経験や失敗談

なんかでも、そう。



例えば、

昨日のエントリ(*)にも書かせていただいたような、

「久しぶりに入ったお店が残念な感じになっていた」話などは、


その事実自体はネガティブな出来事

かもしれませんが、

私(安野)の中では、


「ポケモンをゲットだぜ!」ならぬ、

「ネタをゲットだぜ!」

みたいな感情が湧き起こります(笑)。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2155「感性のアンテナが錆び付くほど、恐ろしいものはない」
http://bplan.seesaa.net/archives/20181014-1.html



もしもアウトプットをしていなければ、

「ネガティブな思い出が1つ増えた・・」

で終わりそうなところ、

そうはならないのです。



むしろ、

自分の感情が動けば動くほど

ネタにしやすいこともあり、


それがプラスであろうとマイナスであろうと、

よりインパクトの強い刺激を

求めるようになります。



結果として、

「もっとレアなポケモン(=ネタ)をゲットしたい!」

みたいな感じで、


見たことないものを見たり、

行ったことのない場所に行ってみたり、

やったことないことをやったりと、


(ネタを求めて)自らの行動が積極的になり、

視野も広がっていくはず。



したがって、私は、

「書く」または「話す」といった

アウトプットの習慣化を

ご縁ある方々にはすすめていますし、

私自身も継続しているつもりです。




ただ、残念ながら、

アウトプットに挑戦するものの、

習慣化まで辿り着けない人が多い

のもまた事実。



なぜならば、

実際にやってみると分かりますが、

「読む」と「書く」、「聞く」と「話す」には

雲泥の差があり、


「書く」や「話す」といったアウトプットを

継続しようと思えば、

それなりに、思考に負荷がかかるからです。



・・まあ、

習慣化の方法についてここで書き始めると

きりがないので、割愛しますが、

とにもかくにも、


「どんな出来事でもネタになり、人生が楽しくなる」


のが、アウトプットを習慣化する一番のメリット

と言えましょう。



個人的には、


こんなに人生を豊かにしてくれる習慣はない


と、心から思っています。


***********************************


【本日のまとめ】

■ アウトプットの習慣化によって、

  どんな出来事でもネタになる(=人生が楽しくなる)。

■ アウトプットを続けることで、

  (ネタを求めて)自らの行動が積極的になり、

  視野も広がっていくはず。


posted by 安野 広明 at 17:22| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする