2018年09月27日

Vol.2138「“双方向型”が、継続しやすい場を生み出す」


昨日は

次世代リーダーの会(*)を開催。


http://annokaikei.com/leader



今回も、初参加の方がお越し下さいました。



その方は、

先日の弊社特別講演会で配布していた

「次世代リーダーの会の案内文」

を読まれた際に、


「こんな会なら、行ってみたい!」


と思われ、足を運んで下さった

とのこと。



本当に、嬉しい限りです。



継続していると、

思わぬ形でご縁が繋がりますね。


*********************************


新たな企画を起ち上げた当初は、

一時的にエネルギーを要するとはいえ、

それよりもワクワク感が上回ったり、

やる気に満ち溢れているため、

意外とすんなり事が進むものです。



しかし、それが

単発ではなく、継続ものの企画

となると、

続けるのはなかなか大変(汗)。



なぜならば、

当初の思惑通りに事が運び続ける

とは限らないし、

盛り上がりや高揚感やモチベーションを

参加メンバー全員が維持するのは

難しいからです。



したがって、

数カ月、数年と経つにつれ、

参加人数が減り、惰性になり、やがて

企画自体が立ち消え、

「あれは一体何だったのだろう」

と、過去のものになる・・



そんな企画が世の中に多いのは、

継続の難しさ故と言えるでしょう。




実は、上記の次世代リーダーの会

にしても、

企画した当初は、私(安野)を含め

4人でスタートしたのですが、


主催者である私自身、継続する中で

モチベーションの上がり下がりはありますし、

当初のメンバー(私以外の3名)は、

今は参加されなくなりました(涙)。


(とはいえ、Next MASUDA ともしびプロジェクトの集客では

大変お世話になってます!)



そのように考えると、

いつ立ち消えてもおかしくなかった

のかもしれません。



それでも、既に5年近く続けて来られたのは、

決して私が毎回、

エネルギー全開で価値提供できているからではなく

(もちろん、そのつもりでやってはいますけど・・)、


(少しずつ増えた)参加メンバー同士が、

お互いに価値提供しよう(=他の参加者のお役に立とう)と意識され、


「継続しやすい場」


をつくって下さっているから

だと、つくづく感じます。



そうして地道に継続していると、

今回のように新たな方が加わり、

そこでまた化学反応が起こるのです。




そういう意味では、

1人が価値提供する「一方向型」ではなく、


参加者同士が価値提供し合う「双方向型」の企画


の方が、

継続しやすいのかな〜

なんて思う、今日この頃。



会の運営を通じて、

色々と学ばせてもらっています。


************************************


【本日のまとめ】

■ 単発ではなく、継続ものの企画は、

  続けるのがなかなか大変(汗)。

■ 1人が価値提供する「一方向型」ではなく、

  参加者同士が価値提供し合う「双方向型」の企画

  の方が、継続しやすいのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 23:12| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする