2018年09月19日

Vol.2130「世の中は“未常識”で溢れている」


ご承知の通り、人は誰しも、

自分の常識や思い込みの中で

生きています。



ごくたまに、

人の意見は聞かない、

本は読まない、

セミナーや講演会なんて出たこともない

という人に出会いますが、


そういう方は、

自分のスタンスや考え方を

持っているように見えて、その実、

これまでの知識や経験といった常識の殻

に閉じ籠っているに過ぎません。



良い悪いは別として、

非常にもったいないことだな〜

と感じてしまいます。




他方で、


「自分の常識なんてたかが知れている」


と分かっている人は、

自分の常識の外の世界と接触を図ることに

積極的です。



したがって、

自分とは異なる意見にも耳を傾けますし、

人からすすめられた本や講演会に興味を持ち、

できる範囲で読んだり、足を運んだりします。




まあ、どちらを選ぶのもその人の自由

なのですが、もしも

いまの自分の殻を破りたい、

もっと成長したい、

もっと人生に刺激や充実感が欲しい

といった願望が多少なりともあるのなら、


自分の常識の外、すなわち

「未常識」へと一歩踏み出すべき

ではないでしょうか。




世の中は、自分の知らない

「未常識」で溢れているのですから・・。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 人は誰しも、自分の常識や思い込みの中で生きている。

■ いまの自分の殻を破りたい、もっと成長したい、

  などの願望が多少なりともあるのなら、

  自分の常識の外、すなわち

  「未常識」へと一歩踏み出すべきではないだろうか。




posted by 安野 広明 at 22:19| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする