2018年09月09日

Vol.2120「自分が感じた(心的な)痛みを、仕事に生かす」


昨日は、

群馬県桐生市にある

父方の実家を訪問・墓参りの後、

お隣の栃木県足利市にて

健人倶楽部の研修に参加。



同業者どうしで、

忌憚のない情報交換をさせていただきました。



本当にありがたい機会です。


********************************


今回、

桐生市から足利市の研修会場へ向かう途中、

電車の本数が少なく、


「次の電車を待っていたら、研修の開始時間に間に合わない!」


と判断し、タクシーを利用しました。



ただ、思いのほか

(信号待ち等で)到着までに時間がかかってしまい、

結局、研修開始に間に合わなかった上に、


電車を待っていたとしても

たいして変わらない時間に到着。



そして、

支払ったお金(=電車代とタクシー代の差)は15倍以上!

ということで、久しぶりに


「やっちまった・・」


と、ちょっと凹みました。



「お金で時間を買おう」


と思ったのが、

時間は買えずにお金だけがかかってしまった、


もっと言えば、

「無駄にお金を支払う」ことになってしまった

からです。




そして、その時に

感じたことがあります。



それは、


「この(無駄な支払いによる心的な)痛みは、例えば、

 会計事務所側のミスによって

 多く税金を払うことになったり、節税のチャンスを逃したり

 した場合に、

 お客様が感じる痛みに似ているのではないか?」


ということ。



もちろん

金額が大きくなれば、

私の感じた痛みなんて比べものに

ならないでしょう・・。




自己責任であれ、他者責任であれ、

「無駄な支払い(=本来しなくてよい支払い)」は、

本当に気持ちが萎えます。



棘のように心に刺さり、

ことあるごとに痛みを思い出す

なんて人もいらっしゃる

かもしれません。




仕事をする上で、


「相手の立場に立って考える」


とは、


「自分だったらどう感じるか?」


を具体的にイメージしながら仕事する

ということ。



今回、自分自身が感じた

(心的な)痛みから、

さらにイメージを膨らませ、


業務においてミスを無くすための

教育や組織づくりに

いままで以上に力を入れていきたい

と思った次第です。




本日は、せっかくなので、

失敗談をネタにしてみました。


******************************


【本日のまとめ】

■ 「相手の立場に立って考える」とは、

  「自分だったらどう感じるか?」

  を具体的にイメージしながら仕事すること。

■ 自分が感じた心的な痛みを、

  仕事に生かしたいもの。




posted by 安野 広明 at 21:05| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする