2018年09月07日

Vol.2118「自分の車(=人生)のハンドルを握ってますか?」


昨日は


「“みんな”や“ふつう”という抽象的な概念に囚われると、

 物事の本質が見えなくなり、“自分の軸”を見失う」


という内容で書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2117「正体不明の“みんな”や“ふつう”に惑わされない」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180906-1.html



今日はその続きです。




「自分の軸」を見失うとは、

言い換えると、


自分の意思で自分の人生を生きていない


となります。



それはあたかも、

自分の車なのに助手席に座り、

自分以外の他人がハンドルを握っているようなもの。



それでは、

他人(=世間の価値観等)に振り回される人生

になってしまうでしょう。



助手席に座っているだけだと楽ですが、

車がどこへ向かうか分かりませんし、

少なくとも私(安野)は、

そんな人生、まっぴら御免です。



もちろん

自分でハンドルを握って運転することには、

リスクを伴います。



ハンドル操作をミスすれば、

すべて自己責任。



居眠り運転なんてもってのほかです。



それでも、自分で運転し、

移り行く景色を眺める時の爽快感は、

何ごとにも代えがたいものがあります。



そして、

自分でハンドルをしっかりと握るために大切なのは、


「自分で考え、自分の意見を持ち、自分で決める」


という、ただそれだけ。



「な〜んだ、そんなことか」


と思われるかもしれませんが、

これだけ情報が氾濫し、

SNS等で常に他人とつながっている時代においては、

気を抜くと、


「自分で考え、自分の意見を持ち、自分で決める」


が、いつの間にか、


「思考が停止し、他人の意見に翻弄され、他人に依存する」


になってしまいがち。



実際、そんな、

他人に振り回される人生(=助手席の人生)

になっている人が多いのも事実です。



したがって、


「あっ、いつの間にかハンドルを手放していた!」


と気付いたら、

いったん立ち止まって(=停車して)、

自分と向き合う時間を設け(=運転席に乗換え)、

いまいちど


「自分で考え、自分の意見を持ち、自分で決める」(=ハンドルを握り直す)


ことを意識したいもの。




そのように考えています。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 自分の車(=人生)なのに、助手席に座り、

  他人(=世間の価値観等)に振り回される人生

  になっている人は多い。

■ 自分でハンドルをしっかりと握るために大切なのは、

  「自分で考え、自分の意見を持ち、自分で決める」

  ということ。






posted by 安野 広明 at 22:11| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする