2018年09月02日

Vol.2113「経営とはコミュニケーションそのもの」


組織をマネジメントする上では、

自分の思いを伝え、相手の意見に耳を傾け、

話し合いを重ねながら

物事を進めていきます。



根底にあるのは、

コミュニケーション。



そのように考えると、経営とは、

コミュニケーションそのもの

といえそうです。



逆に、

コミュニケーションの前提が崩れると、

会社経営において致命的

になりかねません。



そこで、

私(安野)なりに大事だと考えていることが

2つあります。




まず1つ目が、

相手を1人の人間として尊重すること。



当然ですが、

経営者や役員や管理職などといったポジションは、

社内での役割に過ぎません。



上司として部下の可能性を引き出したり、

良い方向へと導くことは不可欠ですが、

単なる自己顕示欲(=自分のプライド)に基づく

ポジションパワーは封印し、


どんな時でも、

相手を1人の人間として

対等に接する必要があります。




もう1つは、

「これでもか」というくらいに

コミュニケーションを図っていくこと。



相手に「伝わる」まで、

あらゆる手段、媒体等を用いて、

しつこく何度も繰り返し伝え続けるのです。



「1回話したんだから分かっているだろう」


は大間違い。



ほとんど伝わっていない

と思った方がよいでしょう(汗)。



とりわけ、経営トップ自ら率先して、

頻繁にコミュニケーションを図らなければならない

と考えています。




相手を尊重し、根気強く何度もトライする。



この2つ無くして、

コミュニケーション(=経営)は

成り立ちません。



簡単で効率的にコミュニケーションを円滑化する方法なんて

どこにもないのです。




8年間の会社経営を通じて、

つくづくそのように感じております。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 経営とは、コミュニケーションそのものである。

■ コミュニケーションを図る上で大事なのは、

  相手を1人の人間として尊重することと、

  しつこく何度も繰り返し伝え続けること。





posted by 安野 広明 at 20:41| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする