2018年07月28日

Vol.2077「成長プロセスを楽しみましょう」


「社長」という役割が持つ「責任」と、

そこからくる「孤独」を考えた時、

その実態は、


「社長はいいよね〜」みたいな(?)、

世間的な「社長」のイメージとは乖離している

と感じます。



苛立ちや虚しさを

そのまま吐き出すわけにもいかず、

できる限り自分の中で吸収し、

自分で自分を納得させながら日々を過ごす。



しかも、年中無休です。



もしも最初から

この厳しさを知っていたらなら、

私(安野)自身、

「社長」という道を選んだかどうか・・




もちろん

お客様に喜んでいただいたり、

良いこともありますが、

どちらかと言えば、それは一時的な感情。



それ以上に、

これから先の会社の未来を真剣に考えるほど、

時代の変化の目まぐるしさに

不安がよぎり、

立ちすくんでしまいそうになります。



それでも

一歩を踏み出し続けなければならないのが、

「社長」なのです。



だから、もしも、

これから起業するかどうか悩んでいる人から

相談を受けたなら、


「(よっぽど覚悟ができてない限り、)やめた方がいいですよ」


と答えると思います(笑)。




とはいえ、

「社長」という役割を真剣につとめることによって、

確実に、

「成長」という対価が得られるのは事実です。



私自身、8年前は、

ほとんど人前で喋ることのないただのサラリーマン

であったことを考えると、

社内の誰よりも成長させていただいています。


(まあ、社員さんからは、

 「社長はできて当然」と思われているでしょうけど・・)




この、

自分なりの「成長」を突き詰めた先に、

どんな世界が待っているのかは分かりませんが、


これからも

「成長」のプロセスをささやかな楽しみに、

「社長」という役割を全うしたいもの。



そして、当ブログにも、

成長物語り(!?)を書き綴っていければ

と思っています。




本日は、徒然なるままに・・





posted by 安野 広明 at 19:43| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする