2018年07月25日

Vol.2074「平日も土日も、充実した日々を送るために」


平日の5日間は苦痛に耐え、疲れ果てる。



土日で活力を取り戻し、そしてまた、

次の苦痛に耐える・・



もしもそんな生活が続いているとすれば、

それは明らかに不健全ですし、


経営者としては、

社員さんが平日に会社で働く時間を、

苦痛に耐える時間にしてはならない

と考えています。



働くことにやりがいを感じ、

平日・土日ともに

充実した日々を送れるようにする。



それこそが、

職場の理想的な姿でしょう。




そして、そのためにも、

会社の価値観と、社員1人1人の価値観を

合致させることが重要となります。



なぜならば、人は、

自らの価値観と合致していること(=好きなこと)

に没頭する時、

疲れを感じない、もしくは、

感じたとしても、

心地よい疲れしか残らないからです。




この、価値観を合致させるためにネックとなるのが、


「経営ビジョン」


となります。



したがって、会社としては、

価値観の合わない人が

苦痛に耐えながら仕事をする

ことにならぬよう、


自社の「経営ビジョン」を、

社内的にも対外的にも

徹底して浸透させるべきです。



それこそが、

会社と社員の双方にとって、

健全かつ幸せな道ではないか

と考えています。


**********************************


【本日のまとめ】

■ 「経営ビジョン」を徹底して浸透させることが、

  会社と社員の双方にとって、

  健全かつ幸せな道ではないだろうか。








posted by 安野 広明 at 23:35| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする