2018年07月15日

Vol.2064「実力”がつくことの意味」


結果を出している人の姿を見て、


「あの人には実力がある」


と評したりしますが、そもそも、

「実力」とは何なのでしょうか?



この点について、

以前、ある方から、


「それは、持って生まれた才能ではなく、

 他人からは見えない本人の努力が実”になった力”」


だと、

教わったことがあります。



つまり、「実力」とは、

普段から鍛えていた「力」が「実」になること

を意味するのです。



そのように考えると、


「あの人には実力がある」


は、


「あの人は力が実るよう、普段から努力している」


と言い換えることができます。



そしてこれは

逆もまた然りで、


普段の努力を怠っていれば、

「実力」がつくはずありませんよね。



当たり前ですけど・・




とはいえ、日々の努力自体は、

かなり地道だし、ごくわずかな成長

にしかつながりません。



目に見えた「実」(=成果)を得るまでには、

相当の時間を要するはずです。



そこで、「実」になるまで

諦めずに努力を続けた人は

「実力」を手に入れますし、


諦めた人は、

いつまで経っても「実力」がつかない・・



先天的な才能とは関係なく、

ただそれだけのシンプルな話

だと思ってます。




ということで、

「実力」をつけたいなら、

何か特別なことばかり追い求める

のではなく、


普段の地道な努力にこそ

目を向けるべきでしょう。



そして、その際には、

「準備」と「振り返り」を意識するのが効果的

だと考えています。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2058「努力の成果を生み出す鍵は、“P”と“C”にあり」
http://bplan.seesaa.net/article/460424516.html




・・自戒を込めて。


************************************


【本日のまとめ】

■ 「あの人には実力がある」は、

  「あの人は力が実るよう、普段から努力している」

  と言い換えることができる。

■ 「実」になるまで諦めずに努力を続ける人は、

  「実力」を手に入れるし、

  諦める人は、いつまで経っても「実力」が身につかない・・

  ただそれだけの話。





posted by 安野 広明 at 22:34| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする