2018年07月14日

Vol.2063「成果を出している人に共通すること」


昨日は、全国各地から

会計人(=同業者)約60名が東京に集結し、

選ばれし6名の方々による、

現場(=対お客様)での実践事例のプレゼンを

聴かせていただきました。



それにしても、同業者どうしで、

「中小企業を元気にする」

という目的のために

切磋琢磨できる環境があることは、

本当に有難いです。



参加メンバーは全員、

とある養成塾修了生ばかりなのですが、

まさに「同志」だと

いつも感じます。


*******************************


昨日のプレゼンテーター6名に共通していたのが、


(養成塾で学んだ内容を)愚直に実践している


ということ。



やはり、

上手くいっている(=成果を出している)人は、

アウトプット(=実践)の量が多いのです。



それに比べて、

私(安野)を含む大半の人は、

既に充分すぎるくらいに学び、

インプットしているにもかかわらず、

アウトプットの量が少ない・・。



もはや

インプット肥満、消化不良の状態

かもしれませんね(汗)。




「量は質を凌駕する」(*)


と言いますが、

最初から高い品質で、上手くやろう

とするのではなく、

何はともあれ、基本の型はそのままに、


実践、実践、また実践


あるのみです。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1521「“量”を優先すれば、“質”はしだいに高まっていく」
http://bplan.seesaa.net/article/446058913.html



今回、プレゼンを聴きながら、

そのことを強く印象付けられました。




弊社においても、

成果につながるまで諦めず、

基本の型を徹底しながら

「愚直な実践」にこだわり続けよう!

と、意を新たにした次第です。



本日は、ご報告まで。


************************************


【本日のまとめ】

■ 上手くいっている(=成果を出している)人は、

  アウトプット(=実践)の量が多い。

■ 成果につながるまで諦めず、

  基本の型を徹底しながら

  「愚直な実践」にこだわり続けたいもの。







posted by 安野 広明 at 21:57| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする