2018年07月22日

Vol.2071「“理念”や“ビジョン”が、中小企業を強くする」


ペンギンには歯がありませんが、

それでも魚を捕まえることができます。



それは、

くちばしの中の毛が、

みんな内側を向いて生え揃っているから

だそうです。



1本1本の毛の力は弱くとも、

すべての毛が同じ向きになって集まることで

力が強くなり、

くわえらえれたら最後、

魚は逃げることができません。



よくできてるんですね〜。




そして、このことは、

中小企業に置き換えても同じ

だと考えています。



社員1人1人の力は小さかったとしても、

皆が同じ方向を向いて協力し合うことで、

大きな力を生み出せるはず。



例え、

歯(=大企業のようにエッジの効いた商品・サービス)は無くとも、

総合力やチーム力で魚(=成果)を掴み取る

のが中小企業なのです。



逆に言えば、

歯の無い(もしくは弱い)中小企業において、

社員1人1人の向いている方向性がバラバラ

だとすれば、

成果を得るのは至難の業。



ペンギンが魚をくわえようとしても、

いつもツルッと滑って魚に逃げられる、

そんなイメージでしょうか・・




そのように考えると、やはり、

1人1人の個性は重視しつつも、

根底では、目指す方向性を一致させる必要がある

のは言うまでもありません。



そして、ここでいう方向性こそが、


「経営理念」や「経営ビジョン」


なのです。




以前、左官職人の挾土秀平さん(*)から、


「弱い素材どうしを、絶妙な塩梅でつなげて鋼にし、

 100年、200年ともたせるのが、日本の美意識」


と教わりましたが、上記のように、


小さな力を「経営理念」で束ねて大きな力にする


という発想は、まさに

日本人の民族性にもマッチしていると感じる、

今日この頃です。


*ご参照下さい。
     ↓
Vol.2067「左官職人、挾土秀平氏からの学び」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180718-1.html




経営者は、

しつこいくらいに何度も繰り返し

「経営理念」や「経営ビジョン」について社内で熱く語り、

目指すべき方向性を示し続けなければならない

と思っています。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 社員1人1人の力は小さかったとしても、

  皆が同じ方向を向いて協力し合うことで、

  大きな力を生み出せるはず。

■ 経営者は、しつこいくらいに何度も繰り返し

  「経営理念」や「経営ビジョン」について社内で熱く語り、

  目指すべき方向性を示し続けなければならない。









posted by 安野 広明 at 20:09| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

Vol.2070「BBQを開催しました! & 特別講演会のご案内」


昨日は、

「暑気払い」と9月の特別講演会の「決起会」を兼ねて、

年に1回のバーベキュー大会を開催しました。



皆でワイワイと肉を焼いたり話したり・・

たまにはいいものです。



とても楽しい時間でした(笑)。



また、9月の特別講演会では、

チケット販売500枚の目標を達成できるよう、

全員で協力し合うことの

再認識ができました。



お客様や地域の皆さんに喜んでいただくためにも、

一丸となって頑張りたいと思います!




特別講演会についてのご案内は、こちら。
         ↓
http://annokaikei.com/news/1546



せっかくなので、バーベキューの写真も・・

P1090965.JPG


* 私(安野)が写真を撮るのを失念し、

ひとしきり片付け終わった後に気付いたため、

まともに(?)撮れたのがこの1枚でした(汗)





posted by 安野 広明 at 19:36| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

Vol.2069「未来に種を蒔きましょう〜桃栗経営のすすめ」


どんなことでも、

成果が出るまでには、

それなりの年月を要するものです。



むしろ

近視眼的になり、

即効性ばかり追い求めてしまうと、

良い結果にはつながりません。



このことは、

他社の成功事例や失敗事例を見れば、

一目瞭然でしょう。




農業に例えるなら、

20日くらいで実がなるからといって、

はつか大根(=ラディッシュ)ばかり収穫していても、

それだけでは

なかなか厳しいですよね。



やはり、余剰資金を

未来の種蒔きに使い、

桃や栗や柿といった、

将来、果実(=収益)を生み出し続ける農作物(=事業の柱)

に投資するという発想こそが、

重要だと思っています。



そして、

そのような考え方に基づいた経営を、

弊社では、「桃栗経営」と定義付け、

お客様にも推奨しているところです。




数年前に製作した

『桃栗経営のすすめ』、『桃栗経営のすすめ A』

という小冊子(*)がございますので、

よろしければご一読下さい。


http://annokaikei.com/media

* 目次 → http://annokaikei.com/wp-content/uploads/media_mokuji.pdf

* 無料ですが、郵送の場合には別途送料がかかります。



お申込みは、こちらからどうぞ!
       ↓
http://annokaikei.com/contact





posted by 安野 広明 at 20:41| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする