2018年04月08日

Vol.1966「リーダーは、脱・完璧主義”でいきましょう」


世の中には、

完璧主義者が多いと感じます。



そういった方々の、


与えられた仕事を完璧にこなそう

という姿勢は素晴らしいのですが、


完璧主義のデメリットは、

自分の中の「常識」や「価値観」にとらわれてしまう

ところ。



つまり、

これまでに自分が経験していないことや、

知らないことやリスクのあること

などに対して、


過度に慎重になり、失敗を恐れ、

なかなか新たな一歩が踏み出せないのです。




まあ、

世の中が安定的に成長している時代は、

それで何とかなったのかもしれません。



しかし、

人口減、少子高齢化、働き方改革、AIの進化など、

時代がますます混迷期に突入する中で、


この完璧主義は、

足かせになるでしょう。



完璧にできるかどうか分からずとも、

「えい、やー」

で行動を起こし続けなければ、

変化に対応できませんので。




また、完璧主義者は、

自分のみならず、

自分以外の他人にも完璧を求める傾向にあります。



これがけっこう厄介でして、

本人も無意識のうちに、


自分の中の「常識」や「価値観」で

部下の可能性を限定してしまい、


結果的に

組織の硬直化をもたらしかねません。




したがって、少なくとも

経営者やリーダーは、

完璧主義を脱する必要があります。



すなわち、

「脱・完璧主義」を意識しながら、


フットワーク軽く

やったことないことにも挑戦し、


同時に、


部下の可能性を信じて仕事を任せる

のです。




そうすることで、

「完璧」よりも「行動」を重視しなければ、


これからの時代に対応できない

と考えているのですが・・


いかがでしょうか?




リーダーは、「脱・完璧主義」でいきましょう!


**************************************


【本日のまとめ】

■ 完璧主義のデメリットは、

  自分の中の「常識」や「価値観」にとらわれてしまうところ。

■ 完璧主義者は、自分のみならず、

  自分以外の他人にも完璧を求める傾向にある。

■ これからの時代の変化に対応するために、

  少なくとも、経営者やリーダーは、

  「脱・完璧主義」を意識すべきではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 21:12| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする