2018年04月01日

Vol.1959「チーム力を高めるために大切なのは、“全体の中の1人”という自覚」


本日は、

とあるお客様の入社式に参加。



私(安野)は、大変恐縮ながら、

来賓挨拶を仰せつかり、

しかも、社長から、


「時間に余裕があるので、しっかりと話して下さい」


というオファーをもらっていたので(笑)、


新入社員の方々に向けて、約20分間、

私なりのメッセージをお伝えしました。



具体的に話したのは、


▼ 「人罪」ではなく「人財」になるために意識すべきこと

▼ 自分基準ではなく会社基準に合わせる努力をする(自分で勝手に基準を下げないこと)

▼ 自分はチーム全体の中の1人という自覚を持つ
 
▼ 何のために働くのか?働く目的は何か?(会社の経営理念と絡めて)


など。



入社式終了後、社長から、


「新入社員だけではなく、他の社員にとっても参考になる話しだった」


とおっしゃっていただき、


多少なりともお役に立てたようで

嬉しく思います。





・・私自身、話しをしながら、


▼ 自分はチーム全体の中の1人という自覚を持つ


ことの重要性を、

改めて感じました。



当然ですが、仕事は、

自分1人では何もできません。



それぞれの役割の中で、

自分にできないことをやってくれている人がいて、

お互いに補い合い、

仕事が成り立ちます。



そういう意味において、

会社は1つのチームであり、

それ故に、


1人が手を抜けば、それは

その人だけの問題ではなく、

チーム全体に影響を及ぼします。



すなわち、

全体の調和が乱れるのです。




メンバー1人1人が、


「自分は、チーム全体の中の1人」という自覚を持っているかどうか


によって、

「社風」や「業務の生産性」が大きく違ってくる

と思いますし、


「その点、当社はまだまだだな〜」


という反省にもつながりました(汗)。



当社としても、

いままで以上にチーム力を高められるよう、


社長の私が中心となって

チームを鼓舞して参ります!




本日は、ご報告ということで。









posted by 安野 広明 at 17:31| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする