2018年04月20日

Vol.1978「評価する際の2つの要素」


仕事で人を評価する際、


「成果」と「プロセス」のどちらにフォーカスするか?


というと、

やはり「成果」だと思います。



仕事でお金を稼ぐというのは、

その道のプロになるということ。



仮に、プロ野球選手が、

何百回と素振りの練習を頑張ったところで、


試合で活躍できなければ

まったく評価されませんよね。



それと同様、

その道のプロである以上、

「成果」が求められるのは当然でしょう。




とはいえ、

「成果」を出しさえすればよい

と言う訳ではなく、

「プロセス」の側面も大事です。



会社としての方向性を理解し、

決められたことを実行するために

努力しているか?



これもまた、

評価の対象になります。




加えて、


自身のスキルや知識を磨き続けているか?


も、見なければなりません。



知識がすぐに役立つかどうか分からなくとも、

将来に備え、ブラッシュアップしておけば、

必要になった時に対応できる。



それこそが

プロの姿勢でしょう。




私(安野)自身は、経営者として、

社員さんを評価する立場

であると同時に、


お客様から評価される立場

でもあります。



プロとしての

「成果」と「プロセス」の2つの要素を、


いまいちど意識し直そう

と思った次第。




本日は短めで。


**************************************


【本日のまとめ】

■ 仕事でお金を稼ぐというのは、

  その道のプロになるということであり、

  プロである以上、「成果」が求められるのは当然。

■ プロとしての

  「成果」と「プロセス」の2つの要素を、

  いまいちど意識しておきたいもの。












posted by 安野 広明 at 23:37| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

Vol.1977「人を大切にする経営実践講座”のご案内(最終)」


表題のセミナー開催まで、

3週間を切りました。



お陰様で、

集客は順調に進んでいます。



参加メンバーも素晴らしい方ばかりで、

よい雰囲気の「場」をつくれそうです。



ということで、

当ブログでのご案内は、

これにて最終とさせていただきます。



ぜひ、

社員がやりがいを感じ、若者から支持される、

そんな魅力的な会社を

共に目指しましょう!




詳細については、

下記よりご覧下さいませ。



■ チラシ → http://annokaikei.com/wp-content/uploads/keieijissen_20180319.pdf 


■ 実施概要・申込書 → http://annokaikei.com/wp-content/uploads/jissen_mousi.pdf




お申込みは、お早めに!!






posted by 安野 広明 at 23:54| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

Vol.1976「そのマイペース、単なる自己中になってませんか?」


「自分のペースを崩さない」


とか


「我が道を行く」


というスタンスは、


周囲に流されないために

とても大事ですし、


私(安野)自身、

強く意識していることでもあります。



ただし、

ここで気を付けなければならないのは、


会社というチームの中において、

上記のスタンスは、


独りよがりで自己中心的な行動


につながりかねないということ。




当たり前ですが、

個人事業主でもない限り、


自分1人で1から10まで仕事を完成させる

ことはできず、


社内のメンバーが互いに支え合うことで、

仕事は成り立ちます。



そういう意味において、

会社は1つのチームであり、


滞りなく仕事をするためには、

チームワークが欠かせません。



にもかかわらず、

いかなる状況下であっても、


「自分のペースを崩したくないから」

と、

これまでのやり方や考え方を

まったく変えないメンバーがいたとすれば、

どうでしょう?



おそらく、

その人は良かったとしても、


こなし切れなかった仕事のしわ寄せが

他のメンバーやお客様に行くだけです。



仮に、

お客様にしわ寄せが生じたとすれば、

それは確実にクレーム要因ですし、


最悪、契約解除等で

会社全体に損害をもたらしかねません・・。




まあ、だからと言って、

残業してでも自分の仕事を終わらせましょう

と言いたいのではなく(汗)、


いままでのやり方に工夫・改善を加え、

具体的な行動を変えることで、


もっとやれることがあるのでは?


本当にベストを尽くしていますか?


と言いたいのです。




少し話しは変わりますが、

ある書籍の中に、


「自己中心は子ども、他者中心は大人の生き方」


「結局、大人というのは年齢のことではなく、

 17歳の高校生でも大人の振る舞いができる人もいますし、

 30、40、50代になっても、まだまだ、

 子どものような考え方で行動している人もいるでしょう。」


とありました。


*『チームスポーツに学ぶボトムアップ理論』(畑喜美夫 著)より一部抜粋



本当にその通りだな〜

と感じます。




自分のペースが、単なる自己中心になっていないか、

よくよく考えたいものです。




私自身、かなりマイペースな人間なので、

大いなる自戒を込めて、

書き記しました。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 会社というチームの中において、

  「我が道を行く」というスタンスは、

  独りよがりで自己中心的な行動

  につながりかねない。

■ その人は良かったとしても、

  こなし切れなかった仕事のしわ寄せが、

  他のメンバーやお客様に行くだけである。

■ 自分のペースが、単なる自己中心になっていないか、

  よくよく考えたいもの。









posted by 安野 広明 at 21:29| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする