2018年03月21日

Vol.1948「神戸での、忘れられない一日」


一昨日は、

いつも懇意にしていただいている

ブックランドフレンズ(*)の河田店長のご案内で、

神戸のホザナ幼稚園へお邪魔して来ました。


http://www.honyakamo.com/



ちなみに、河田店長は、

『福に憑かれた男』(喜多川泰 著)という小説

のモデルになった本屋さん。



私(安野)は、約3年前からお世話になっており、

当社で講演会を主催する際には、

出張販売もお願いしています。



その人の状況やお悩みを聞き、

その人に合った本をすすめてもらえますので、

伊丹方面にお越しの際には、

ぜひ、立ち寄ってみて下さい!




さて、私がなぜ、

神戸の幼稚園へお邪魔したのか?



それは、

理事長をおつとめである小西忠禮(ただのり)さん(*)

にお会いするためです。


*ご参照下さい。
   ↓

Vol.1928「原理・原則の存在が、長期的な視点をもたらす」
http://bplan.seesaa.net/article/457250881.html


Vol.1924「日本のフランス料理界の生きる伝説、小西忠禮氏からの学び」
http://bplan.seesaa.net/article/457162824.html


<おすすめ本>

『扉を開けろ 小西忠禮の突破力』(高久多美男 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4902487276/



もともと、

とある用件でアポイントを取っていただいていたのですが、


諸事情により、訪問する前に

その用件は既に済んでしまったため、


今回は、純粋に、

小西さんに聞きたいことを聞けるという、

何とも贅沢な時間となりました。



夢中でお話しを聞いていたら、

あっという間の2時間半。



しかも、応接室がキャンピングカーの中

という、完全に非日常の空間です(笑)。



私にとって、

忘れられない一日となりました。




以下、ほんの一部ですが、

備忘録として書き残します。



▼ 食事は文化。楽しんで食べる。

▼ 自分にしか経験できないことをした人には、伝える義務がある。

▼ 努力するものにしか与えられないことがある。

▼ 一番ベストな状態の時に、ベストなタイミングで、ベストなことが起こる。

▼ その時を待てるかどうか。

▼ 何度断られても、「でも・・」と食い下がることも必要。

▼ 諦めたら次につながらない。ダメでもまた1歩を踏み出す。

▼ 神様は耐えられる人にそういう試練を与える。

▼ 自分でエンジンに火をつけるしかない。目標が無ければ、火はつかない。

▼ 一期一会を大切に。最高のおもてなしをする。

▼ 誰しも使命を持って生まれてくる。

▼ 抵抗することなく、自分の使命を果たすのが、自然の摂理に従うということ。

▼ 無理のない歩み方をする。

▼ 自然から学ぶ。自然は語らずとも語る。

  太陽を向いて咲くヒマワリ、泥の中に咲く蓮の花、忘れな草。

▼ 自分の力だけでやろうとしたことは、ことごとく失敗した。自然の理に適っていなかった。

▼ 人生を振り返ると、すべての点がつながっている。

▼ 感謝、素直さ、謙虚さ。

▼ 人を悲しませて幸せになることはあり得ない。

▼ 人間も生物である以上、自然の営みからはみ出すと、ろくなことにならない。

▼ 困った時は自然を見る。自然のエネルギーをもらう。

▼ 恵みはたくさん転がっている。恵みとして捉えるかどうか。

▼ 挑戦するのは当たり前のこと。最初の一歩が出れば、次が出る。

▼ ダメだったら、いったん戻って、また一歩踏み出せばいい。

▼ 泥だらけになることも必要。泥の中から学ぶこともたくさんある。

 
などなど。




やはり、

実践者から発せられる言葉は、

どれも心に響くものがありました。




貴重なお時間をいただいた小西さん、

ご案内下さった河田さんには、

心より感謝いたします!









posted by 安野 広明 at 20:46| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする