2018年03月19日

Vol.1946「振れ幅の大きさ”が、魅力を生み出す」


例えば、一見すると、


まじめ一辺倒に見える、もしくは堅物っぽい人が、

ジョークを交えて話しをしたり、多趣味だったりすると、


おそらく、

その人に対する印象はガラリと変わるでしょうし、


それはそのまま、

その人の魅力にもつながるはずです。




つまり、


「意外性」や「ギャップ」や「振れ幅の大きさ」が、魅力を生み出す


ということ。




そしてこれは、人に限らず、

会社でも同じだと思っています。



会社として本業にエネルギーを注ぎ込む

のはもちろんですが、


それ以外にも、例えば、


5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)、社員研修、

社風力アップの取組み、地域貢献活動


などなど、

本業と直結しない活動に取り組むことが、


その会社の「振れ幅の大きさ」となり、

魅力を生み出すのです。




当社で言えば、その最たるものが、

お正月の『コメディ・クラウン・サーカス』(*)

でしょうか。


* http://annokaikei.com/thankyou



私(安野)が、自社のことを紹介をする場面で、


「サーカスもやってます」


と言うと、

ほとんどの人に「はい?」という顔をされますが、


確かに、

まじめな業種の筆頭のような会計事務所とサーカスって、

我ながら、相当な振れ幅ですよね(笑)。




まあ、それはさておき、

そういった、

本業と直結しない取組みをする際に、

気を付けなければならないことが

いくつかあります。



中でも重要なのは、


「やり散らかさない」


ということ。



仮に、経営者が、

何の脈絡も一貫性もなく、

その時の思いつきで新たな取組みを始めて、飽きたらやめる


を繰り返していたとすれば、

社内が疲弊するだけでしょう。




そこで、大切になってくるのが、

振り子の「支点」に該当する、


「経営理念」や「経営ビジョン」や「ミッション」


です。



ここをしっかりと言語化し、

社内で共有しておかなければ(=支点を固定しなければ)、


振れ幅が大きくなればなるほど、

本業という土台がグラつきかねません。



ちなみに、当社でも、

上記のサーカスは、


「お客様の成幸をサポートする + 地域貢献」


というミッション(使命)と

明確に紐付けています。




・・高い志を持っていらっしゃるものの、

それを言語化できていない中小企業が

ことのほか多いと感じます。



会社としてのあらゆる活動に一貫性を持たせた上で、

振れ幅を広げ、自社の魅力をアップするためにも、


ぜひ、経営者としての

志、夢、使命感、大義名分、想いなどを

言葉にしていただきたい


と願っております。



そして、その時にはぜひ、

当社がおすすめしている「経営計画書」(*)

をお役立て下さい。


* http://annokaikei.com/plan


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人であれ会社であれ、

  「意外性」や「ギャップ」や「振れ幅の大きさ」が、

  魅力を生み出す。

■ 振れ幅を広げるために

  本業に直結しない取組みをする場合、

  活動に一貫性を持たせなければならない。

■ そのためにも、

  振り子の「支点」に該当する、

  「経営理念」や「経営ビジョン」や「ミッション」を言語化し、

  社内で共有しておく必要があるのではないだろうか。

  







posted by 安野 広明 at 23:55| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする