2018年03月07日

Vol.1934「進化する会社は、“新陳代謝”を繰り返している」


会社とは「生き物」である

とよく言われます。



何のために生きているのかというと、

お客様や社会に貢献し、

価値を生み出すためです。



そして、生きている以上は、

世の中のニーズに合わせて

進化し続けなければなりません。



社会から必要とされなくなった時点で、

その会社は、衰退の一途を辿ることでしょう。




たまに、業態が変化・変容し、

もはや創業当時の姿をとどめていない・・

といった会社を見かけますが、


私(安野)は、それが、

単なる膨張(*)ではなく、


お客様や社会から必要とされることを追求した結果

であるならば、


正しい進化ではないか

と考えています。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.454「それって成長?それとも…膨張?」
http://bplan.seesaa.net/article/388818431.html



ちなみに、当社では、

本業の定義を

「経営サポート業」(*)に変えました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1899「“会計事務所”から、“経営サポート業”へ」
http://bplan.seesaa.net/article/456571061.html



これも、

当社が進化する過程で必要

だと思ったからです。



ですので、もしかすると、

数年後には、現在の当社の姿を

とどめていないかもしれませんね(笑)。




それはさておき、

進化するために何より大切なのが、

「新たな挑戦」でしょう。



挑戦しなければ、

何も新しいものは生まれませんので。



また同時に、

これまでの常識や成功体験といった老廃物(!?)

を捨てることも重要です。



いつまでもそれらにしがみつき、

守りに入っている限り、

老化や退化しかありません。



つまり、

進化するためには、


「新陳代謝」(=挑戦による新たな価値創造と、老廃物の排出)


こそが求められるのです。




例えば、

損保ジャパン日本興亜を中核とするSOMPOグループは、


「『昔、SOMPOは保険会社だったらしい』と言われるほどに進化したい」


と、

進化・成長・挑戦への意志を

明確にしています。



規模の大小にかかわらず、

これくらいの意識を持ち、


「新陳代謝」を繰り返している会社が生き残る


のではないでしょうか。




当社も、

老化ではなく進化していけるよう、


これからも

挑戦し続けたいと考えています。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 会社は「生き物」である以上、

  進化し続けなければならない。

■ 進化するためには、

  「新陳代謝」(=挑戦による新たな価値創造と、老廃物の排出)

  こそが求められる。

■ つまり、「新陳代謝」を繰り返している会社こそが生き残る。









posted by 安野 広明 at 10:16| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする