2018年02月19日

Vol.1918「“未来像”が、社員と会社とをつなぐ」


「社員は、何のために働いているのか?」


を突き詰めると、


「幸せになるために働いている」


が正解だと思います。



ご家族がいる方であれば、

自分とその家族の生活が向上し、

幸せを感じられることが最優先でしょうし、


その上で、

職場の同僚やお客様から必要とされることで、

自己承認欲求を満たすことができれば、

幸福度アップにつながります。




一方で、

会社の究極的な目的とは何かというと、

それは、

「永続的な発展」です。



そして、そのためにも、

社会から必要とされる存在で

あり続けなければなりません。



例えば、

当社の経営ビジョンは、


「たくさんの“ありがとう”を集め、日本の中小企業を元気にする」、


ミッションは、


「お客様の成幸をサポートする + 地域貢献」


と、言葉の中に

「利己的」ではなく「利他的」な要素が多く含まれているのも、


お客様や地域から必要とされずして、永続できない

という発想に基づきます。




このように、

社員さんには社員さんの、

会社には会社の目的がある訳ですが、


当然ながら、

両者はリンクするはず。



社員さんの生活向上や働き甲斐からもたらされる「幸せ」

と、

会社の「永続的な発展」とは、

切っても切れない関係だからです。



したがって、

社員さんとしては、


会社に協力することこそが、自分自身のため


になります。



これは、私(安野)が、

経営者として協力を求めたいから主張している

のではありません(汗)。



あくまで、客観的な事実です。




しかしながら、

多くの会社では、

両者がうまくリンクしておらず、

分断されている(=つまり、社員さんの協力が得られていない)

と感じます。



その理由としては、いくつかあって、

最も致命的なのが、

経営者が自身の私利私欲のために経営しているパターン。



いくら社員の努力によって会社が成長しても、

それが経営者の私腹を肥やすことだけに

つながるのであれば、


社員が協力したくなくなるのは

無理もありません。



こればっかりは、正直、

どうしようもないですし、おそらく

その経営者の意識が変わらない限り、

会社の永続は難しいでしょう。




もう1つの理由としては、

社員側の問題です。



「給料さえもらえれば、会社のことなんてどうでもいい。

 いざという時は、転職すればいいし」


という意識の人は、

少なからずいるもの。



そういう意識レベルの低い社員が

大多数を占めているとすれば、

協力を求めるのは困難でしょう。


(個人的には、いまは売り手市場(=企業が弱い立場)で、

 しばらくはこの状況が続くのかもしれませんが、今後、

 地方においては廃業やM&A、さらにはAIの進化などによって

 働き口が減り、買い手市場(=企業が強い立場)になることは

 ほぼ確実に見込まれるのだから、


 上記のような「いざという時は辞めればいい」という発想には、

 「いざ転職しようと思っても、転職先がない!?」

 という危険性をはらんでいると感じます・・)



そして、最後の理由は、


会社に「未来像」がない


ということです。



この会社がこれから先、どういう方向に進んで行くのか?


経営者はどういう未来を描いているのか?


会社が発展することで、自分たちにどんな影響がもたらされるのか?


などを明示し、共有・共感しなければ、

社員さんの協力を得ることは

難しいと思います。



だからこそ、当社では、

「経営計画書」(*)を用いて「未来像」を明文化する

ことをおすすめしているのです。


* http://annokaikei.com/plan



もしかすると、

「未来像」を真剣に考える過程で、

いままでは私利私欲しか考えていなかった

経営者の意識が変わるかも(?)しれませんし、


「未来像」が明確化することで、

会社に関心を示さなかった社員の意識も

変わるかもしれません。


(逆に、未来像に共感できない人が辞めていくリスク

 もありますが、それは致し方ないでしょう)




ということで、

社員さんの目的と会社の目的とをつなぎ合わせ、

然るべき協力を得るためにも、


「未来像」の設計・明文化に

着手されてみてはいかがでしょうか?




「未来像」について詳しく知りたい方は、

こちらまで → http://annokaikei.com/contact


******************************************


【本日のまとめ】

■ 社員さんの生活向上や働き甲斐からもたらされる「幸せ」と、

  会社の「永続的な発展」とは、

  切っても切れない関係にあるのだから、本来、

  会社の目的と、社員さんの目的とは、リンクしているはず。

■ 両者が分断される理由としては、

  経営者側の問題、社員側の問題、そして、

  会社に未来像がないことの3つが挙げられる。

■ 「未来像」を明確化することが、

  会社と社員の目的をつなぎ合わせ、

  協力関係を生み出すための最善策

  ではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 22:38| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

Vol.1917「これが凡人のリアルな戦い方」


一部の天才を除いて、

凡人が欲しい成果を得る、

もしくは

ライバルとの戦いに勝つためには、


何か奇策を講じたり、

妙手を編み出そうとする

のではなく、


日々の繰り返しによって、

量を積み重ねていくしかありません。



つまり、


「時間」を味方につける


ということ。



これが、凡人にとっての

「現実(リアル)」だと思います。




ただそうはいっても、

地道な上に、成果が分かりづらいため、


多くの人はこの「現実」を直視しようとしない

のも事実です。



そして、書店等でよく見かける、


「〇〇をすれば儲かる」

「成功するための〇つのメソッド」

「たった〇日で〇〇になれる」


などといった「幻想」ばかりを追い求めます。


(かくいう私も、一時期、

 そういった類の本を読み漁っていました 汗)



結果として、

頭では分かった気になり、

色々なことに手を出すけれども、


もともと短期的成果を期待しての取組みなので、

継続できるはずもなく、


成果に繋がらないまま、

時間だけが過ぎていくのです。



そうこうしているうちに、

20代だった人は30代になり、

30代だった人は40代になり、

40代だった人は50代になり、、、

と、

あっという間に年齢を重ねます。



そして

人生を振り返った時、思うのです。



「あれ?色々やってきたはずだけど、

 ほとんど何も変わってない(思い描いた成果が得られていない)ぞ!?」


・・と。



そういう意味で、

二度と取り戻せない

不可逆的な性質を持つ「時間」というのは、

残酷ですね。




だからこそ、

凡人にできることは、ただ1つ。



この、「時間」を味方につけ、

1日単位で積み重ねていくしかありません。



自己成長、社員教育、

社内の仕組みづくり、社風づくり

などなど、

すべてにおいて、そう言えます。



もちろん、

努力の方向性が正しいかどうか

も重要ですが、


1日単位という、「超」が付くほど地道な取り組みを

継続した人(会社)だけが、


将来、欲しい成果を実現し、

競合他社にはない独自性(強み)を手に入れられる

のではないでしょうか。




まだまだ未熟な凡人の私(安野)は、

これからも、このリアルな戦い方で、

地道な活動に取り組みたいと思います。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「時間」を味方につけるということ。

  これが凡人の、「現実(リアル)」な戦い方である。










posted by 安野 広明 at 18:35| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

Vol.1916「これからの時代に求められる“感受性”」


人には、

「食べてはいけない」「飲んではいけない」

と言われると、逆に、

「食べたくなる」「飲みたくなる」

といった、

天邪鬼な側面があります。



例えば、

カツカレーが好物の私(安野)は、

よく奥さんから

(栄養が偏るから)「(お昼に)カツカレーばかり食べないように」

と言われ、約束をしながらも、


出先の時にはつい、

カツカレーを食べてしまいます(笑)。



そして、若干胃もたれして後悔する・・

みたいな。



自分でも行動が矛盾している

と思いますし、


少しひねくれてるのかな〜

と感じたりもします。




他に天邪鬼な例を挙げれば、


医者から、深酒しすぎないように

と注意され、自分でも分かっていながら、

つい飲み過ぎてしまう人

なんていうのもそうですよね(アルコール中毒は別として)。



このように、

人間には、明らかに非合理的

と思われる側面が

数多く存在するのです。




また、仕事をしている中で、

傍から見れば、


「なんでそんな簡単なことを間違えるの?」

「前にも言ったはずだろ〜」


と感じたとしても、


たいていの場合、当の本人は

真剣に取り組んでいるつもりだったりします。



このような、

分かっていても失敗する、

同じ間違いを繰り返してしまう

という非効率な側面があるのも、

人間ならでは、です。




この点、

上記のような非合理的、非効率的な側面は、

すべてが合理的、効率的で無駄のない

AI(人工知能)には、

考えられないことでしょう。



ですので、

これからAIが人の仕事を代替できるようになれば、

多くの職場で、

合理化・効率化が進むと予想されます。



ただ、私が思うのは、

なんだかんだいっても、お客様も社員さんも、


非合理的、非効率的な側面、いわゆる「人間味」

を持っている人間です。



したがって、この、


「人間味」の部分にしっかりと寄り添えるかどうか


が、なにより大切ではないでしょうか。



そういう意味では、

相手の非合理的、非効率的なところも

受け入れ、許容しつつ、相手を導くことができる、


そんな感受性の高い人が、

これからの時代、ますます求められる

のかもしれませんね。




AIと共存せざる得ない時代を見越して、

感受性のアンテナを

高めまて参りましょう!


****************************************


【本日のまとめ】

■ 人間には、明らかに非合理的

  と思われる側面が数多く存在する。

■ 分かっていても失敗する、

  同じ間違いを繰り返してしまう

  という非効率さも、人間ならでは。

■ お客様も社員さんも、

  非合理的、非効率的な側面、いわゆる「人間味」

  を持っている人間であり、
  
  この、「人間味」の部分にしっかりと寄り添えるかどうかが、

  これからの時代、なにより大切ではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 19:38| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする